News

千葉県長生村宮成の村道丁字路交差点事故の女性巡査長は誰!?


2022年11月22日に、千葉県長生村で千葉県警の女性巡査長が乗っていた車と、自転車を漕いでいた高校生とがぶつかってしまう事故が起こりました。

ぶつかってしまったのは、千葉県長生村宮成の村道にある丁字路の交差点だそうで、その際女性巡査部長が乗っていたのは自家用車だったとの事です。

そんな千葉県長生村宮成の村道丁字路交差点で起こってしまったこの事故ですが、女性巡査部長は誰だったのでしょうか。

名前や顔画像について知りたいという方や、現場はどこなのか!?事故の原因についても知りたいという方が多いことでしょう。

そこで今回は、「千葉県長生村宮成の村道丁字路交差点事故の女性巡査長は誰!?」と題して記事を纏めていきます。

千葉県長生村宮成の村道丁字路交差点事故の女性巡査長は誰!?

まずはじめに、千葉県長生村宮成の村道丁字路交差点事故の女性巡査長が誰だったのかについて詳しく調査をしていきます。

報道で分かっている情報としては、その女性巡査長は茂原警察署の地域課に勤務している女性巡査長で、年齢は29歳だそうです。

さらに詳しく調べていくと、現在は警察関係者という事で、身柄拘束はされておらず、取調べも任意で行っているとの事でした。

この時点で分かっている事は、茂原警察署の地域課に所属している29歳の女性巡査長と言う手がかりだけですが、名前や顔画像は出ているのでしょうか。

そこで次の見出しでは、そのことについても徹底的に調査していこうと思います。

千葉県長生村宮成の村道丁字路交差点事故の女性巡査長の名前や顔画像は!?

前見出しでもお伝えしたように、次は女性巡査長の名前や顔画像についても詳しく見ていこうと思います。

もし一般人が同様の事故を起こしてしまい、車側の過失割合が高くなると実名報道される事もあるようです。

ですが、現時点では女性巡査長の名前や画像については一切公表されておらず、ネット上で調べても何も情報は出てきませんでした。

注意義務法違反なのかどうかについても、記事では状況がよくわからないため、もしかしたら自転車が無茶な運転をしたのかもしれません。

任意で取り調べをしているとの事なので、今後も女性巡査長についての情報はもしかすると公表されないかもしれませんね。

女性巡査長についての情報はあまりわからないという事が判明したため、次に気になるのは事故が起きた現場や原因ではないでしょうか。

そこでここからは、詳しい事故の現場や原因についても細かく見ていき、解説していこうと思います。

千葉県長生村宮成の村道丁字路交差点事故の現場はどこ!?

詳しい事故現場に関しては、千葉県長生村宮成の村道にある丁字路の交差点という事ですが、正直文面だけでは全く伝わらないと思います。

そのため、地図上で実際の事故現場がどこだったのかについて見ていくと、以下の様になっていました。

村道という事は村が管理している道路ということなので、長生村では生活するうえで通る事が非常に多い道路なのかもしれません。

事故が起きた現場には、信号機が無く夕方頃の時間帯だったため、見通しも悪かったということが考えられます。

丁字路という事で、車の出入りも多い場所だというのが想定できますが、帰宅途中の学生なども多いのかもしれせん。

ですが、村道と言っても地図上では正確な場所を導き出すのは難しく、詳しい場所まで特定説(推定)することは出来ませんでした。

千葉県長生村宮成の村道丁字路交差点事故の原因は!?

夕方頃に起きてしまったこの事件ですが、事故原因に関しては大きく考えて二つあると思われます。

まず一つ目としては、自転車が無理な右折をしようと試みた可能性です。

車は自転車の存在に気付いた場合、距離をとったり巻き込まないように配慮をしますが、中には急に曲がったり荒々しい運転をする自転車も居ます。

このようなケースでは、自転車側の過失割合が高かった可能性も考えられるため、十分あり得る話ではないかと思います。

もう一つは、周りの自転車の存在に気付いておらず気づいたらぶつかってしまっていたという可能性です。

自転車が無灯火だったり、スピードを出していたりした場合は、危険度も高く発見も遅れてしまう可能性があります。

特に冬場は日が暮れるのも早く、すぐに暗くなってしまうため、見通しも悪くなってしまうでしょう。

車の損傷具合を見てもかなりの衝撃だったのではと思われるため、車は巻き込まれた形なのかもしれませんね。

あまり多くの情報がまだ出ていないため、この様に推測する事しかできませんが、取調べが進めば新たな事実も発覚するかもしれませんね。

周囲の反応

高校生が死亡すれば業務上過失致死にあたりますが、女性警察官にどれだけの過失があるかどうか!?で起訴か不起訴になります。

判断は検察です。

女性警察官ということもあり、過失運転致死となった場合も身柄拘束はされず書類送検のみです。

自転車だって車、右折した自転車と直進の女性警察官の車、過失高いのは自転車、しかも車の右かどの損傷がスゴいから自転車が猛スピードで対向車に突っ込んでる。

高校行く前に自転車の乗り方勉強すべきだった。

巻き込まれた警察官ともう一台は災難だった。

自転車の高校生から修理代と慰謝料たくさん貰ってください。

状況がさっぱりわからんが これだけ ベッコリだと それなりの速度だったんだろう

自転車が右折して直進の車に飛び込んだら車は逃げようがない。

自動車の過失はゼロとしてほしい。

纏め

今回は、「千葉県長生村宮成の村道丁字路交差点事故の女性巡査長は誰!?」と題して記事を纏めていきました。

千葉県長生村宮城の村道にある丁字路の交差点で起きてしまったというこの事故ですが、女性巡査長が誰なのかは明らかになっていないようです。

名前や顔画像についても公表はされておらず、取調べも任意で受けているとの事なので、もしかしたら本当に自転車が悪かったのかもしれませんね。

帰宅途中だった女性巡査長が、丁字路を直進中に右折しようとした際に自転車とぶつかってしまったというこの事故ですが、そもそもよくわかりません。

自転車が右折をする際といっても普通に考えれば一旦止まってから左右を確認して曲がろうとするため、自転車が確認不足なら自転車が悪いでしょう。

車に乗っている運転手も当然気を付ける必要はありますが、自転車なら気を付けなくて良いという訳ではありません。

重体になってしまった方は気の毒ですが、自転車のスピードや扱い方に問題があったのではないでしょうか。

当然運転手も左右の確認が出来ていなかったり、突然飛び出してくる自転車を想定していなかった責任はあるかもしれません。

ですが、これだけ自転車の事故が多発している以上は、自転車も講習を受けないと乗れないようにする制度を作らなければいけないのかもしれませんね。



Source link

-News