News

くさかんむりの下に「任」の漢字は荏!?読み方は!?


くさかんむりの下に「任」と書く漢字は!?

「荏」というくさかんむりの下に「任」と書く漢字は何と読むのでしょうか!?

 

くさかんむりの下に「任」の漢字は荏!?読み方は!?

草冠に責任の「任」と書く漢字「荏」何と読むのかというと、【ジン・え】と読みます。

荏原は「えばら」と読みます。

かつて、この地に一年草の荏胡麻が生えていたからと言う説があり、また、「荏田」「江古田」は狭いところの湿田という意味で、「荏原」はその上の原を指す。引用:https://folklore2017.com/timei100/062.htm

纏め:くさかんむりの下に「任」の漢字は荏

草冠に責任の「任」と書く漢字「荏」の読み方は【ジン・え】と読みます。

東京の目黒区に「荏原」(えばら)などという地名があります

「荏」にはエゴマという意味があります。

縄文時代にはクッキー状炭化物からも検出されていることから食用加工されていたと考えられており、栽培植物としての観点から縄文農耕論においても注目されている。奈良時代からは油を採るために栽培が始まったといわれ[5]、平安時代にはエゴマ油が食用や燃料に使われていた[7]。中世から鎌倉時代ごろまで、搾油用に広く栽培され、荏原など、地名に「荏」が付く場所の多くは栽培地であったことに由来する。韓国ではポピュラーな野菜であったが、独特な香りになじめず、日本ではあまり一般的ではなかった[5]。しかし、日本国内でも韓国料理の人気が高まるとともに、α-リノレン酸を含むエゴマが持つ栄養価が知られるようになると、日本市場にも出回るようになった引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%B4%E3%83%9E



Source link

-News
-