News

【殺到】200kgイノシシ捕獲 肉に注文殺到!「主を狩ったんですね? 相当デカイですね」


11月9日、鳥取県江府町の奥大山で、巨大なオスのイノシシが捕獲されました。ジビエの加工などを行っている「奥大山地美恵」が仕掛けた罠にかかっているのが見つかり、猟友会のハンターが仕留めました。

通常のイノシシは体重60キロほどだといいますが、こちらはなんと200キロ超え。全長182センチ、胴回り141センチの巨漢は、まさに「山の主」です。

「まるで、もののけ姫の乙事主」と、ネットで大きな話題となった巨大イノシシは、その後どうなったのでしょうか。

取材班が23日、再度訪れると…

奥大山地美恵 宇田川保 副会長「これが巨大イノシシ。解体した状態です。ブロック肉になっています。赤身と脂が半々ですよね」

巨大だったイノシシは、きれいなブロック肉となり、小分けされていました。

巨大イノシシの味。特別に、ぼたん鍋で食べさせてもらいました。

小林健和キャスター「しっかりとした食感。そして、まったくジビエの臭みというのが感じられません。たぎりというかみなぎりが自分の中に流れ込んでくる、そんな印象さえ持ちます」

奥大山地美恵 宇田川保 副会長「山の主ということで、多分良いものを食べているんだろうなという感じですね。解体中も固いという感じはありませんでした。おいしいはずだと思いながら解体しました」

全国で話題になったことから、東京の飲食店や大阪の卸売業者などから依頼があり、現在も問い合わせが殺到している状況だと言います。

奥大山地美恵 宇田川保 副会長「こんなことになるとは思っていませんでした。『うちの肉を食べたらほかの肉は食べられん』というくらいの肉を、今後も作り上げていこうと思って、世界一の肉を目指しています」

地元ではこのあと11月28日に、道の駅奥大山に巨大イノシシの肉を卸す予定です。

巨大で肉も多いことから、来年2月頃までは販売できそうだとしています。 引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)



Source link

-News
-, ,