News

【総工費約30億円】改修した秋篠宮邸が公開された 広さは2倍に


2022年11月23日更新

11月22日(火)、宮内庁が改修された秋篠宮邸を公開しました。秋篠宮邸は老朽化のため2020年から改修を行っており、今年9月に工事が完了しました。延べ面積は約2972平方メートルで、改修前の約2倍の広さとなりました。総工費は約30億2000万円とのことです。

2

お気に入りに追加
0

老朽化により改修工事が行われた

赤坂御用地にある秋篠宮邸は老朽化により改修が行われていましたが、今年9月に工事が完了しました。

宮内庁が公開

11月22日(火)、宮内庁は改修された秋篠宮邸を公開しました。延べ面積は約2972平方メートルで、改修前の約2倍の広さとなりました。秋篠宮が皇位継承順位1位となって職員が増えたため広くなったそうです。総工費は約30億2000万円です。大食堂のシャンデリアや大理石の棚などは昭和47年の竣工時のものを再利用しているとのことです。

今年度中に引っ越し

 

 

秋篠宮一家は現在御仮寓所に仮住まいしており、今年度中に引っ越しを終える見通しです。

みんなの反応

Twitterでの反応を纏めました

 

 

 

 



Source link

-News
-, ,