News

【超絶悲報】「SHEIN」アメリカではパクリで訴訟されまくっていた!「今に始まったことでは無いからなぁ」


取材班が向かったのは、おしゃれで個性的な店が集まる、東京・原宿。

若者たちの間で大きな話題を呼んでいるのが、11月、常設店がオープンした中国発のファストファッションブランド「SHEIN」。

SHEINの客「圧倒的にコスパがいい。このアクセサリーは(SHEIN)で買っています」、「5個セットとかでも200円しないくらい」、「(値段が)手ごろで、デザインもおしゃれなので」

格安を武器に、若者たちの心をつかむSHEIN。しかし、ネット上では今、あるキャラクターのパクリ疑惑が浮上している。

コンビニで限定販売されているアイス、「たべる牧場ミルク」。ふっくらとした牛のイラストを描いた人気のデザイナーが、SHEINの商品の中に、牛のキャラクターの中にそっくりなものがあるとSNSで訴えたのだ。

SHEINの客「まんまだから、パクリ? ってなっちゃう」、「衝撃的でした。ほとんど一緒ですもんね」、「ライセンス取らずにって感じですかね。中国だなと...」

似ているといえば、SHEINの公式通販サイトでは、世界的高級ブランドそっくりのロゴを使ったカードケースも売られていた。

さらには、どこかで見たことがあるパッケージデザインの文房具や、ヒヨコのキャラクターのキーホルダーなどもある。

SHEINを利用する若者たちからは、「そういう商品は買わないように、というか選ばない。そうではない商品は、いいのではないかと...」、「本物を買えるくらいお金があったらいいけど、若い子たちはどうしても高いものが欲しいし、似てればいいかなという感じで、手を出してしまいますね」といった声が聞かれた。

150以上の国などに展開しているSHEIN。アメリカでは、商標権侵害などの訴訟が相次いでいた。

SHEINで売られていたポロシャツ。胸元の刺しゅうは、ラルフローレンとうり二つのように見える。

街の人「絶対にラルフローレンのコピーね。これはシーインでしょ。彼らは多くの偽物を作っているわ」、「刺しゅうが整ってないし細かくない。(本物は)馬の脚が真っすぐのはずなのに、シーインは曲がっている。ジョッキーの頭やヘルメットがない」

さらにSHEINは、シューズブランド・ドクターマーチンや、アパレルブランド・ステューシーなど、名だたる有名ブランドと商標権侵害などで裁判沙汰となり、その後、和解している。

SHEIN JAPANは、「キャラクターを模倣された」と訴えたデザイナーに対し、「ご指摘いただいた内容をとても重視しており、現在、調査を進めています」とSNS上で返信している。 引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)



Source link

-News
-, ,