News

【埼玉大】「gmai」と誤入力個人情報が流出!ドッペルゲンガードメインとは!?「どこに転送されるん!?」


「メールアドレスを打ち込むとき、急いでいて、『@gmail.com』を、"エル"の文字を忘れて、『@gmai.com』とうっかり打ち間違えたことあるという方もいると思うんですが、これで個人情報が大量に流出する問題が起きたんです」

「埼玉大学で去年5月、教員が大学のメールアカウントから私用のGmailアカウントにメールが自動で転送される設定を行ったところ、間違えてドメインを『gmai.com』にしてしまいました」

「そのことに気付かないまま、ことし3月までのおよそ10か月間、この間違えたドメインのメールにおよそ5000件転送され続けたというんです。これによって、教員や学生らの名前、電話番号などの個人情報、およそ2100人分が流出しました」

「間違えて送ったら、エラーの通知がきて気付きそうなものですが…どうしてでしょうか!?」

小野高弘・日本テレビ解説委員「『gmai.com』は、打ち間違いを狙って作られたドメインだからです」

「元のドメインとそっくりなこのドメイン、自分そっくりな人を見る『ドッペルゲンガー』にちなみ、『ドッペルゲンガー・ドメイン』と呼ばれています。『gmai.com』のドメイン自体は存在しているのでメールは送れてしまいます。だからエラーの通知がこないのです」

「今回、誤って送信した教員も、『正しいアドレスに転送されないのは、単に設定がうまくできていないんだと思っていた』ということです」 引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)



Source link

-News
-, ,