News

【身柄拘束】『信長の野望』など無断で複製・販売 男を身柄拘束!「何か思ってたのと違った」


 宮城県警は11月22日(火)、同社が制作・販売するゲームソフト『信長の野望』や『三國志』のほか34タイトルのゲームを無断で複製し、不正に販売していた静岡市の男性(45歳)を著作権法違反(海賊版頒布)の疑いで身柄拘束した。本件に関して、コーエーテクモゲームスは告訴状の提出を明らかにしている。

(画像はシブサワ・コウ40周年記念サイト - GAMECITYより) 発表によると、男性は『信長の野望』や『三國志』のほか34作品に加えて、他社が著作権を有する複数のゲームソフトを無断でマイクロSDカードに複製。オークションサイトの出品画面に複数のゲーム機名を掲載したうえで「大量のレトロゲームが遊べる」などと説明し、模倣ゲーム機とセットにして販売していたという。

 本発表に際して、コーエーテクモゲームスは「今後も著作権の侵害行為に対して厳格に対応すると同時に、多くのユーザーの皆様にご満足いただけるゲームを開発及び提供できるように努力してまいります。」とコメントしている。 引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)



Source link

-News
-, ,