News

メレンゲを焼いたお菓子の名前は!?


焼いたメレンゲのお菓子のことをなんと呼ぶんでしょうか!?名前は!?

メレンゲを焼いたお菓子には、名前はある!?ただ単に『メレンゲを焼いたもの』なのでしょうか!?

 

メレンゲを焼いたお菓子の名前は!?

メレンゲを焼いたお菓子の名前は色々あります。

メレンゲに砂糖加えて焼いたお菓子「マカロン」はクッキーとかと並んで売られています。

ケーキの部品の説明だったのでしたらシュクセではないでしょうか。シュクセは(メレンゲにアーモンドパウダーなどを加えて焼いた生地です。

モンブランの底のサクサクしているのも焼いたメレンゲのお菓子でムラングディスクと呼ばれます。※ムラングや焼きメレンゲ、メレンゲなど お店や人によって呼び方は違います

『ロッシェ』はメレンゲ菓子の一種で、ただのメレンゲに色々混ぜることが多いお菓子。

纏め:メレンゲを焼いたお菓子の名前は!?

生で卵白をあわ立てた状態のものを「メレンゲ」と呼びますががお菓子の土台や飾り付けにメレンゲをオーブンで焼いたものも「メレンゲ」と呼ぶことがあります。

メレンゲとは、卵白に砂糖を入れて泡立てたものを言います。

卵白を泡立て器でかき混ぜると、タンパク質の薄い膜ができ、それが空気を包み込むことで、

ふわっとしたきめ細かい泡状になります。

オーブンで焼いたお菓子をメレンゲともいいます。

辞書でも「泡立てた卵白に砂糖・香料などを加えたもの。そのまま、または軽く火を通して、洋菓子などの飾りに用いる。」となってます

ただ、お店によっては焼いたメレンゲを「ロシェ」とか「マカロン」という名前で売っていたりもします。

メレンゲっていうと卵白そのままのイメージなので、それだけを売るには安っぽく感じられるからでしょうか。

マカロンは丸いカラフルな色のお菓子で、確かにメレンゲで作りますがそれよりも手が込んでいて高級なイメージのフランス菓子です。



Source link

-News
-