News

【カタールW杯】ウェールズ×米国は1-1決着で今大会初のドロー! ベイルが終盤に同点PK


2022年11月22日更新

カタール・ワールドカップ(W杯)は現地時間11月21日にグループリーグB組第1戦のアメリカ代表とウェールズ代表の試合が行われ、1-1で今大会初の引き分けになった。

3

お気に入りに追加
0

後半に入るとウェールズが前半よりもシンプルなプレーを見せるようになり、少々強引なプレスやクロスも増えて圧力を高めた。後半19分にはセットプレーからの混戦でDFベン・デイビスがヘディングシュートを放つもGKマット・ターナーがファインセーブ。続くコーナーキックはFWキーファー・ムーアがフリーで合わせるも枠外に飛び、わずかなところでゴールを奪えなかった。

 ウェールズの圧力に慣れてきたアメリカは、組織力で上回ってカウンターでゴールに迫る場面も作っていった。しかし後半36分、ウェールズは右サイドからMFアーロン・ラムジーがマイナス気味のボールを入れるとベイルが上手く相手との間に身体を入れてボールをキープしてファウルを誘発。このプレーでPKを獲得すると、ベイルが自らゴール右に蹴り込んで同点ゴール。この一撃で1-1の引き分けに持ち込み、両者痛み分けのスタートになった。

引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の新着

アクセスランキング



Source link

-News
-, ,