News

【正論】弁護士「働かないおじさんを守る解雇規制で割りを食うのは次世代の若者、どんどんクビにしろ」


2022年11月21日更新

使用者側で人事労務問題に取り組む岡芹健夫弁護士は「横並びと安定が大好きな日本では、今のままだと、次世代の若者たちが割を食うことになってしまう」と語る。詳しく聞いた。

5

お気に入りに追加
0

ーー「働かないおじさん」問題については、整理解雇というよりも、能力不足による解雇ということになるかと思いますが、それも困難なのでしょうか。

過度に著しく無能力か、改善の見込みがないということでないと解雇は認められません。それは大して働いていない、というレベルではありません。

この解雇の難しさに加えて、雇用慣行である年功序列型賃金と、賃金などを下げようとした時の「不利益変更の厳格さ」(一方的な労働条件の変更が法的に認められないこと)がセットになって、中高年雇用の問題が起きているわけです。

●「みんなと同じ」が大好きな国民性

ーー解雇権濫用法理が変わらないと、どのような弊害が出てくるのでしょうか。

すでに雇用契約を結んでいる中でも、比較的パフォーマンスの低い人を保護することになってしまいます。全体のパイが増えない中では、次世代の若者たちが割を食うことになるのです。本当にそれでいいのでしょうか。 引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)


出展:Youtube

【成果主義】ジョブ型が40代社員をリブートする!?年功序列は!?働かないおじさんの活かし方

アベプラ #働き方 #就活 #アベマ#ニュース ◇この放送のノーカット版はアベマで公開中! 続きを視聴 ...


出展:Youtube

働かないおじさんについて話します。

会社てそんなもんやし、社会てそんなもんちゃうの!? やりたい奴だけ成果主義に行けばいい。 【宋世羅 著『一生使える「勝ち ...

みんなの感想

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の新着

アクセスランキング





Source link

-News
-, ,