News

流星の絆ネタバレ|犯人は誰!?なぜ柏原!?理由は!?


流星の絆の真犯人は誰!?

流星の絆で犯人が夫妻を殺した理由は!?なぜ柏原!?

 

流星の絆ネタバレ|犯人は誰!?なぜ柏原!?理由は!?

流星の絆の真犯人は誰だったのかというと、柏原刑事(三浦友和)でした。

有明夫妻はギャンブル好きで、たくさんの借金を抱えていた。

それで夫妻はノミ屋に充てる200万の金を持っていたが、それだけでは足りず

ヤクザに知り合いがいると言っている柏原に、親父さんが相談していた。

その200万を、柏原は息子の手術代目的で奪おうと考え、事件の夜に有明夫妻の所に行ったが、口論になり 殺した。

ちなみに、柏原は、功一たちが行ってきた罪も自分がやったという遺書を残して自殺します。

柏原刑事が犯人だっていう事がわかったのは、親が死んでいるのを功一が通報して、最初に来たのが柏原でさらに傘の柄の部分に傷が付いていて、それが傘をゴルフクラブに見たてて素振りしていた柏原さんを連想させたからです。

事件時、他の刑事が来る前に、外で傘の柄の部分を下にしてゴルフの練習をしていたのを物置の上から功一が見ていたんです。

「石も飛ばしてたし、傘が傷つきそうだな」と。

その時は全然別の黒い傘でやってたわけですが、それと、戸神が持っていた当時の傘の同じ部分が傷ついてるのを見て、更に残った傘の指紋が拭ける人(警察の人間)、と考え、柏原があやしいと睨んだんですね。

纏め:流星の絆ネタバレ|犯人は誰!?なぜ柏原!?理由は!?

柏原刑事は先天性疾患を持った子供の手術代のために有明夫妻を殺害しますが、その際、傘を忘れ逃走。

その後に戸神政行がレシピを有明父から50万で譲ってもらう約束で来たが夫妻が殺害されているのを発見し、レシピのコピーを持ち去った。

戸神も同じようなビニール傘を持って来て同じバケツに置き、傘は持ち帰ったが戸神が持ち帰ったのは柏原が忘れた傘だった。

柏原はそれを知らないので事件現場に真っ先に刑事として駆け付け傘の指紋を消した。

戸神は自分の指紋のついた傘が現場に残っていると思っていたので、警察が自分の所に来た時の為に柏原の傘を保管していた。

ラストで戸神を追い詰めた時に、功一は傘の柄についた傷を見てゴルフの素振りでできた傷、つまり柏原が犯人と気付くのです



Source link

-News
-