News

【超絶悲報】コロナ後遺症を訴えた患者、理解のない職場から「甘えるな」「倦怠感程度なら会社に来い」


2022年11月21日更新

東京都の新型コロナウイルス後遺症研修会が20日、オンラインで開かれ、医療従事者など約870人が参加した。

4

お気に入りに追加
0

研修会では、後遺症治療で知られるヒラハタクリニックの平畑光一院長が登壇し、「病気の症状だけでなく、周囲の無理解が苦しめる」と訴えた。

例えば、後遺症を抱える患者が、職場で「甘えるな」「倦怠感くらいなら会社に来い」「病院に行けているのだから動けないというのはウソ」といった言葉を投げかけられたり、後遺症を認めたくない家族から「その症状はウソだろう」などと言われることがあったという。子供の患者の中には、後遺症を家族に理解されず、児童相談所に保護されたケースもあったそうだ。

「コロナに後遺症がある」ということは一定程度知られていても、実際に目の当たりにすると理解しがたいものなのかもしれない。

引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

 

 

 

 

 

 

 

 

その他の新着

アクセスランキング



Source link

-News
-, ,