News

【カタールW杯】半自動オフサイドテクノロジーでオフサイドを自動判定 開幕戦でゴール取り消し


2022年11月21日更新

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会の開幕戦で、エクアドルが前半3分にFKからヘディングでつなぎ、最後はエンネル・バレンシアがゴールネットを揺らした

8

お気に入りに追加
0

 国際サッカー連盟(FIFA)の国際映像によると、FKを蹴った直後に11番のミチャエル・エストラダの右足が半歩出ていた。

 半自動オフサイドテクノロジーは今大会から新たに導入された。12台の専用カメラでとらえた映像をもとに、AI(人工知能)を応用し、わずか3秒程度で判定するという。

 今回のゴール取り消しについて、スポーツ専門局米ESPEN(電子版)は「正しい判断だったが、説明がない時間が続いていた」などと指摘している。 引用元:www.asahi.com(引用元へはこちらから)

みんなの感想

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュースの新着

アクセスランキング





Source link

-News
-, ,