News

【超絶悲報】川崎市、住宅などの太陽光パネル設置義務化へ!「東京都に次いで…こんなモノ要らんだろ〜」


2022年11月20日更新

脱炭素社会の実現のため、川崎市は、早ければ令和7年度から住宅などの建築物を建てる際に太陽光パネルの設置を義務化する方針です。

3

お気に入りに追加
0

脱炭素社会の実現のため、川崎市は、早ければ令和7年度から住宅などの建築物を建てる際に太陽光パネルの設置を義務化する方針です。

脱炭素社会を目指して、川崎市は2030年度までに温室効果ガスを2013年度に比べて50%削減し、再生可能エネルギーを33万キロワット以上導入する目標を掲げています。目標を達成するため、市は早ければ令和7年度から、住宅などの建築物を新たに建てたり、増築したりする際、太陽光パネルの設置を義務化する方針です。18日公表された計画案によりますと、2000平方メートル以上の建築物を新たに建てたり、増築したりする場合、建築主に設置を義務づけます。また、2000平方メートル未満の建築物を新たに建てる場合、1年間に5000平方メートル以上の総床面積を供給しているハウスメーカーに設置義務を課すとしています。さらに、義務化の対象から外れた新築と増築の建築物についても、設計士から太陽光パネルについて説明することを義務づけるとしています。市は、インターネットで市民からの意見を募ったうえで、今年度中に条例を改正したいとしています。川崎市環境局脱炭素戦略推進室は「東京に続き、地方の一都市である川崎が取り組むことで、先行事例となっていきたい」としています。 引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)

みんなの反応

 

 

 

 

 

 

その他の新着

アクセスランキング



Source link

-News
-, ,