News

元SMAP森且行が来年2月レース復帰へ。落車事故で大ケガも復活、現在の状態と今後語る。活動休止の中居正広にも言及


オートレーサー森且行選手

SMAPの元メンバーで、オートレーサーの森且行選手(もり・かつゆき 48歳)が、来年2月15日にレース復帰を予定していることを明らかにしました。

森且行選手は昨年1月に、福岡・飯塚オートレース場で開催されたレースに出場し、他選手が森選手と接触したことによって、時速100km以上のスピードでコース外側のフェンスに激しく衝突しました。

森且行選手の事故報道動画

[embedded content]

この事故により肋骨と骨盤骨折や腰椎破裂骨折の大ケガを負い、今年1月に5回目の手術を受け、背骨を固定していたボルトを全て除去し、その後もリハビリに励み、今年6月には練習走行を再開させました。

そして、20日に飯塚オートレース場でトークショーを開催し、現在の体の状態については、「5度もオペをするとキツイけど耐えるしかない。今はパーソナルトレーナーの下でやっているトレーニングの成果で、手すりを使わずに階段の上り下りができるようになったんですよ。だいぶ筋肉がついてきて、筋肉痛がひどいですけどね」と明かしました。

<↓の画像が、20日にトークショー等を行った森且行選手の写真>元SMAP森且行選手

元SMAP森且行選手

今後のレース復帰についても語り、「12月の川口2節目から最低でも6節は練習参加をして、レースには2月15日からの川口の普通開催で復帰します。最終日(2月19日)が自分の誕生日なので、そこで優勝できたらミラクルですね。デビュー戦よりプレッシャーを感じます。もう若くないので、焦らずに準備したいです。」「ケガをした飯塚オートレース場で、みなさんの前に戻ってこられて嬉しいです。復帰を目指してメンタルも鍛えながら頑張りたいと思います」と、来年2月にレース復帰を予定しているとしています。

また、今月に入って1ヶ月の休養を発表した中居正広さんについて聞かれると、「中居くんは大丈夫だと聞いています。心配ないでしょう」と答えていました。

森且行選手のレース復帰発表などを受けてファン等からは、

などの声が上がっています。

森且行選手は事故後すぐに骨盤や腰椎の手術を受けましたが、医師からは「(折れた骨が静脈に食い込み)あと5ミリずれていたら1時間以内には死んでいた。命を優先して完璧には戻せなかった」と告げられたそうで、4度目の手術時点では、神経の損傷によって両足にはマヒやシビレの症状が残っていて、右足はまだ感覚が無い状態だと明かしていました。

それでも森且行選手は、「僕にはオートレースしかないので。早く戻りたい」「頑張って復帰することが…恩返しだと思う」として、懸命なリハビリを続けていました。

5度目の手術を受けてから2ヶ月後の今年3月には、12月末から年明けに復帰するプランがあることを明かし、6月には事故後初めて練習に参加しましたが、9月時点ではまだ足首にマヒが残っていること、神経が繋がるまでに2年はかかることを明かしていました。

昨年事故で大ケガを負った際には、年齢的にもレース復帰はかなり難しいのではとも言われていましたが、不屈の精神で諦めることなく懸命にリハビリを続け、あの事故から2年でレース復帰するというのは本当にすごいことだと思います。

復帰後は再びタイトル獲得を目指して頑張ってほしいと思う一方、森且行選手もすでにアラフィフで、体力や反射神経などの低下は避けられず、それが今後また事故に繋がる可能性があることから、決して無理はしないようにしてほしいですね。



Source link

-News
-, , , , , , , , , ,