News

【超絶悲報】宝くじで6億円当てた人、うっかり3か月で5.5億円使う→資産運用で10年後に6.5億に


はじめに5000万円で買ったもの――銀行から入金連絡が入った後のお話を聞いていいですか。

ぽんぽん 銀行の営業の方が挨拶に来て早速、金融商品の営業を受けました。そのとき、年利1%のゴールドマン・サックスの社債を5000万円分買って。

――スポーツくじが当たった直後、最初の買い物が5000万円の金融商品だったということですか。

ぽんぽん そうですね。もともと学生時代にデイトレードをやっていたので基礎知識はあったんです。たいして儲からなかったからそれ以降ほとんどやっていなかったんですけど、当時はアベノミクスが始まったばかりで時代もイケイケドンドンだったというか。

――銀行の人ものせてくるような。

ぽんぽん すごかったですね。地方から東京に戻ったあともすぐ銀行に呼ばれて、支店長やら証券会社のプライベートバンクの室長やら8人ぐらいがバーッと並んで金融商品の営業がはじまりました。で、3億円分をさらに金融商品につぎ込んで、2億円分は保険商品を購入しました。

(略)

――前回、金融商品や高級宝飾時計、不動産などに投資された話をお聞きしました。6億円を維持したいということでしたけど、当選から10年経った今、残りはいくらになっていますか。

ぽんぽん だいたい6億5000万円です。今そのうちの3億円を現金にしちゃってますね。円安なので、ひたすら投資のタイミングをうかがっている状態です。 引用元:news.livedoor.com(引用元へはこちらから)



Source link

-News
-, ,