News

恋愛3年目のジンクスとは!?なぜ理由・由来は!?


恋愛で3年目のジンクスとは!?

Mr.ChildrenのReplayの歌詞にも出てきますがどうして3年目のジンクスなんでしょうか!?

 

恋愛3年目のジンクスとは!?なぜ理由・由来は!?

脳医学的には恋愛とは精神的病と同様らしいです。

脳がひとつの物に異常に固執してしまう状態が恋というわけです。

恋人を見ることで,一部の脳で活動が抑えられるという逆の現象も確認されています.実験で抑制された部位は,前頭葉,頭頂葉,側頭葉中部と扁桃体です2).前頭葉,頭頂葉,側頭葉は大脳新皮質(上記[3]の高等な脳)であり,特に前頭葉が抑制されると,判断基準があいまいになったり,判断自体をやめたりします.さらに扁桃体は,大脳辺縁系(上記[2]の感情の脳)に存在し,悲しさや恐れを感じたり,攻撃性を高めたりします.ここが抑制されると,相手に負の感情を抱きにくくなります.つまり恋愛をすれば,恋人の良し悪しを判断できないうえに,相手を否定する感情が起こらなくなり,先述のドパミン報酬系と相まって,ますます恋人にのめり込むという図式ができあがります.そう,まさしく「恋は盲目」であり,「あばたもえくぼ」となるわけです.

https://www.yodosha.co.jp/rnote/renai/renai_9784758115681.html

しかしこの状態は最高で3年しか持たないそうで、病は3年で完治します。

なので3年でトラブルが発生するそうです。

これを回避することは出来ませんが、対策はあります。

出会ってから3年は脳の病ですが、この3年の間に互いに尊敬し、共通の趣味、生き甲斐を見出すことが出来れば、本物の関係へと進歩出来るわけです。

「恋は3年で冷める」、「愛は4年で終わる」!?人類学者ヘレン・フィッシャー博士のベストセラー著書『愛はなぜ終わるのか』の中で、「愛は4年で終わる」と提唱されています。博士は、いろいろな国を調査し、統計的に結婚して4年後に離婚する傾向が高いこと発表しました。

脳科学的データからすると、ドーパミン効果は3年で切れてしまいます。そして、ドーパミンが切れたことによって、感情のままに押し流されてきた恋は終わりを告げます。

だから、結婚して4年目を迎えた頃に、自分の将来を真剣に考え始めるのです。「結婚して4年目に離婚する夫婦が多い」というヘレン・フィッシャー博士の発表は、脳科学によって裏付けされます。

“恋は3年”説は、子孫繁栄の本能から生まれた“恋は3年”説は、古来、原始時代からの人間の本能によって進化の過程で生まれた脳内のシステムです。

https://ure.pia.co.jp/articles/-/31565

恋愛3年目のジンクスにネットの口コミは!?



Source link

-News
-