News

阿賀町鳥インフルエンザの場所どこ!?消毒ポイントも解説!


11月17日新潟県阿賀町の養鶏場で鶏が死んでいるのが発見され、高病原性鳥インフルエンザが検出されました。

新潟県は18日朝から子の養鶏場で飼育されている鶏15万羽の殺処分を始めました。

17日に養鶏場から鶏が死んでいると件に連絡があり、遺伝子検査の結果鳥インフルエンザウイルスが検出されたと、県から発表がありました。

またこの養鶏場の出荷先に当たる施設の鶏6000羽も感染の疑いがあるため、処分する予定です。

新潟県は養鶏場から半径3キロを移動制限区域と制定し、主要道路に消毒ポイントを設置しています。

新潟県阿賀町で鳥インフルエンザが起こった養鶏場とはどこなのでしょうか。

また主要道路に設置された消毒ポイントとはどのようなものなのでしょうか。

今回は「阿賀町鳥インフルエンザの場所どこ!?消毒ポイントも解説!」と題して纏めていきます。

阿賀町鳥インフルエンザの場所どこ!?

阿賀町鳥インフルエンザの消毒ポイントは!?





Source link

-News