News

【訃報】水頭症で入院のサッカー元日本代表FW工藤壮人さんが死去 32歳 J3宮崎が発表


2022年10月21日更新

J3宮崎は21日、水頭症で入院していた元日本代表FW工藤壮人さん(32)が、同日午後2時50分に死去したと発表した。

22

お気に入りに追加
0

 工藤さんは2日の練習時間外に体調不良を訴え、3日に医療機関を受診。検査の結果、水頭症と診断された。11日に手術を行ったが容態が悪化。17日から集中治療室(ICU)で治療に専念していた。水頭症は脳室に過剰な脳脊髄液が溜まったために脳を圧迫し、さまざまな障害を引き起こす。

 東京都出身の工藤さんは柏の下部組織からトップチームに昇格。米メジャーリーグサッカー(MLS)バンクーバー、広島、山口、オーストラリアAリーグのブリスベンを経て、今季から宮崎に加入した。今季は21試合で3得点を挙げていた。2013年に日本代表に初選出され、東アジア・カップ中国戦では日本代表史上27人目となる初出場初得点を決めた。J1通算192試合60得点、J2通算54試合14得点、J3通算21試合3得点。国際Aマッチ通算4試合2得点。 引用元:news.yahoo.co.jp(引用元へはこちらから)

宮崎の二村恵太社長はクラブを通じてコメント

みんなの感想

 

 

 

 

 

 



Source link

-News
-, ,