News

【ゴッホひまわり】トマトスープ犯人は誰?名前特定説(推定)は?


おはこんにちばんわ。つるつるです。

2022年10月14日、ロンドンにある美術館「ナショナル・ギャラリー」で展示されている作品が損壊される事件が起きました。

損壊の被害に遭ったのは、「フィンセント・ファン・ゴッホ」の名作として名高い「ひまわり」でした。

一体、「ひまわり」を損壊した犯人は誰なのでしょうか!?

 

ゴッホの「ひまわり」にトマトスープ|身柄拘束の犯人は誰!?名前特定説(推定)は!?

「ひまわり」が損壊される犯行の瞬間がこちらです。

報道によると、この女性2人は環境活動団体「Just Stop Oil」のメンバーで、石油の利用停止を求めて今回の蛮行に及んだようです。

女性が「ひまわり」にかけた”赤い液体”はトマトスープと見られており、毒性などは確認されていません。

また、「ひまわり」はガラスに覆われていたため、作品自体が損壊されたわけではありませんでした。

しかし、絵画のフレーム部分がトマトスープで損傷したことで、この2人は現行犯身柄拘束されています。

一体、この2人は誰なのでしょうか!?

そこで、この2人について調べたところ、Facebookより以下の投稿が確認されたのです。

この投稿によると、犯人2人の名前は「Phoebe Plummer:フィービー・プラマー」(21歳)と「Anna Holland:アンナ・ホーランド」(20歳)のようです。

本人のSNSについては以下のアカウントが確認されています。

Phoebe PlummerのTwitter

(h)ttps://twitter.com/ziggystardyke

 

世間の反応

※「Yahoo!ニュース」より引用





Source link

-News