立てこもり犯(66)「お母さんが死んで、この先いいことがない。医者を道連れに自〇しようと思った」


2022年01月29日更新

埼玉県ふじみ野市で起きた医師を人質にとった立てこもり事件で、逮捕された渡邊宏容疑者(66)が調べに対し、「母が死んでしまい、この先いいことがないと思った。自殺しようと思ったときに自分1人ではなく、先生やクリニックの人を殺そうと思った」などと供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。

24

お気に入りに追加
0

埼玉県ふじみ野市で起きた医師を人質にとった立てこもり事件で、逮捕された渡邊宏容疑者(66)が調べに対し、「母が死んでしまい、この先いいことがないと思った。自殺しようと思ったときに自分1人ではなく、先生やクリニックの人を殺そうと思った」などと供述していることが捜査関係者への取材でわかりました。

警察は事件の詳しいいきさつについてさらに調べています。 引用元:www3.nhk.or.jp(引用元へはこちらから)


出展:Youtube

母親の治療方針めぐり食い違いか 猟銃立てこもり(2022年1月28日)

猟銃を持ち、11時間にわたって立てこもった男。人質の医師が犠牲となりました。母親の診療方針を巡り、男性医師に一方的な恨みを募らせ …


出展:Youtube

【くわしく】 “猟銃男”立てこもり11時間 人質の医師死亡 66歳男逮捕 介護医療などめぐりトラブルか

埼玉・ふじみ野市で起きた立てこもり事件で、人質となっていた医師が搬送先の病院で死亡が確認されました。 逮捕された渡辺宏容疑 …


出展:Youtube

【立てこもり】なぜ? 事件前日「怒鳴り声」が…“散弾銃”持ち医師を人質に 埼玉・ふじみ野市

埼玉県ふじみ野市の住宅で散弾銃を持った男が医師を人質に立てこもっていた事件。医師は当時、弔問のため訪問していて、その際、男と …

みんなの感想

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク





Source link