新たな毎日の COVID-19 の症例数と死亡者数が 4 日間で初めて減少し、副作用の報告でワクチンの懸念が高まる

by tobiniumu
0 comment


1 日あたりの COVID-19 の新たな症例数と死亡者数は 4 日間で初めて減少しましたが、10 代の心筋炎の副作用が報告され、供給が懸念される中、ワクチンへの躊躇は、バイデン大統領のワクチン接種目標が達成できないリスクを高めています。到達する。

木曜日には少なくとも11,841人のコロナウイルスが媒介する病気の新しい症例があり、水曜日の20,153人の新しい症例から減少しました。 ニューヨーク・タイムズのトラッカーによると、3 日間の連続増加をスナップします。

木曜日の死亡者数は、前日の 449 人から 412 人に減少し、3 日間連続の上昇を記録しました。

7 日間の平均症例数は 14,505 から 13,409 に減少し、2 週間前から 42% 減少し、2020 年 3 月以来の最低数となりました。であり、2 週間前に比べて 22% 減少しました。

金曜日の症例数が週ごとに増加している州は 12 州あります。 JHUデータショー、木曜日の15時から減少。

予防接種の面では、3 億 569 万回の COVID-19 ワクチンが投与され、18 歳以上の 1 億 6512 万人、つまり米国の成人人口の 64.0% が少なくとも 1 回の接種を受けています。 疾病管理予防センターからの最新データ (CDC) ショー。 からです 木曜日の午後の時点で、1 億 6,483 万人の成人が少なくとも 1 回の投与を受けています。.

ワクチン接種の毎日のペースでは、米国は、7 月 4 日までに成人のアメリカ人の 70% が少なくとも 1 回のワクチン接種を受けるというバイデン氏の目標を大きく下回ります。 バイデン氏の目標を達成するには、さらに約 1,548 万人の成人が 1 回のワクチン接種を受ける必要があります。これは、1 日あたり約 700,000 回に相当します。

完全に予防接種を受けたアメリカ人の数は、1億4158万人、つまり全人口の42.6%に増加しました。

年齢グループ内では、12 歳以上のアメリカ人の 50.5% が完全に予防接種を受けており、アメリカの成人人口の 53.4% と 65 歳以上のアメリカ人の 75.8% が完全に予防接種を受けています。

米国では、完全に予防接種されているということは、ファイザー社が開発した 2 回接種ワクチンの 2 回目から 2 週間が経過したことを意味します。
PFE、
-1.36%

およびパートナーのBioNTech SE
BNTX、
-1.78%

またはModerna Inc.
MRNA、
+0.18%

投与された、またはジョンソン・エンド・ジョンソンの単回投与を受けてから2週間が経過した
ジョンソン・エンド・ジョンソン
-1.42%

ワクチン。

J&J ワクチンに関しては、CDC は未使用の投与量の未処理分を一掃するために一時的に出荷を停止しました。 ウォール・ストリート・ジャーナルのレポート. それは後に来る 数百万回のワクチンの有効期限が設定されているとの報告 今月。

金曜日、米国食品医薬品局は、J&J のワクチンの有効期限を、摂氏 2 度から 8 度 (華氏 35.6 度から 46.4 度) で冷蔵した場合の 3 か月から 4 1/2 か月に延長したと発表した。

別々に、 FDAは使用を許可したと述べた、J&J のワクチンの緊急使用許可 (EUA) に基づいて、Emergent BioSolutions Inc. で製造されたワクチンの 2 つのバッチ
EBS、
-2.78%

ボルチモアの施設は、承認された施設として EUA にプラントを含めることは「まだ準備ができていない」にもかかわらず。

FDAは声明で、「慎重な検討と審議の結果、米国食品医薬品局は、非常に必要なヤンセン(ジョンソン・エンド・ジョンソン)COVID-19ワクチンの供給を可能にする重要な措置を講じている」と述べた.

声明は次のように来ます ニューヨーク・タイムズが報じた、状況に詳しい関係者の話として、FDA は J&J に対して、汚染の可能性があるとして、ボルチモア工場で製造された 6000 万回分のワクチンを廃棄するように指示したと述べています。

これとは別に、Pfizer-BioNTech と Moderna によって作成された種類の mRNA ワクチンについての報告が広まり、ワクチンへの躊躇が煽られています。 心筋炎の少数の報告につながっています、または心臓の炎症、十代の若者たち。

ブラウン大学公衆衛生学部の学部長である Ashish Jha 博士は次のように述べています。 NBCの「トゥデイ」 ワクチンが 10 代の「まれな」ケースにつながっているように見えることが増えています。

しかしながら、彼は懸念を払拭しようと試み、心筋炎のほとんどの症例は「信じられないほど軽度」であり、人々は「非常に、非常に迅速に」回復すると述べたが、「それは無関係ではなく」、時にはより重症になる可能性があることを認めた.

それがワクチンへの躊躇をどのように助長するかについて質問されたとき、Jha は、「すべてのワクチン、すべての薬」には副作用があると指摘しました。

「心筋炎にかかる可能性があり、COVID感染自体によって他の多くのものにかかる可能性があります」とJhaは言いました. 「そして、感染による合併症のリスクは、ワクチンによるリスクよりもはるかに高いままです。」

米国では現在、人口の半分以上が完全に予防接種を受けている州が 4 つあります。バーモント州 (54.3%)、マサチューセッツ州 (53.5%)、コネチカット州 (51.4%)、メイン州 (50.22%) です。コロンビアは、米国の平均よりも多くのワクチンを完全に接種しており、 JHUのデータによると.

ジョンズ・ホプキンス大学と医学

完全に予防接種を受けた人口の割合が最も低い州は、ミシシッピ州 (26.2%)、アラバマ州 (27.8%)、ルイジアナ州 (29.8%) です。

最新の集計

コロナウイルスが媒介する病気の世界の症例数は木曜日に1億7495万人に増加し、死亡者数は3,775,330人に増加しました。 JHUのデータによると. 現在までの 2 倍以上の数 2020 年末時点での合計症例数は 8,300 万件弱でした そして約180万人の死亡。

データは、木曜日の時点で世界中で 228 万回のワクチンが投与されたことを示しています。

米国は、3,343 万件の症例と 598,797 件の死亡者数で世界をリードしています。

インドは引き続き米国に近づいており、症例数は 2,927 万人に増加していますが、死亡者数は 363,079 人で世界第 3 位です。

ブラジルの死亡者数は 482,019 人で第 2 位、1721 万人の死亡者数では第 3 位です。

英国は世界で 4 番目の死亡者数であり、28,131 人でヨーロッパをリードしていますが、フランスは世界で 4 番目の症例数であり、579 万人でヨーロッパをリードしています。

中国、 2019年後半にウイルスが最初に発見された場所 公式の数字によると、103,285件の症例があり、4,846人の死亡者が安定しており、広く報告されていない.



Source link

2020年のトップFXブローカー | 独占オファー《100%安全・公式サイト完結》

1

300を超える価格供給元との接続で、常に安定したスプレッドと取引能力を提供する世界に類を見ない最高の取引環境。運営年数も長く大きな支障なし。信託保全もあり、中級者以上必須のブローカーです!

0%
0%
0%
0%

TOTAL SCORE

9.9/10

2

ハイレバレッジ取引で一撃数千万円の夢をかなえることができます。スプレッドも安定しており、限られた資金でも最高のパフォーマンスを出すことが可能。素晴らしい選択です!

0%
0%
0%
0%

TOTAL SCORE

9.8/10

3

日本国においては最も有名なブローカーです。知名度は高いですがここをメインにしているという純粋なプロが少なく、ホビープレーヤーが多いのが特徴です。広告宣伝費が膨大なため、その点を気を付ける必要があります。

0%
0%
0%
0%

TOTAL SCORE

9.6/10

4

言わずとしれた日本における最高峰のブローカーの一つ。その認知度と数々のトップトレーダーの推奨によりその安全性は裏付けられている。世界的知名度がや上位勢とは劣る。

0%
0%
0%
0%

TOTAL SCORE

9.5/10

5

キャッシュバックや入金ボーナスサービスなどが手厚いので初心者を中心に好まれている。ここを足掛かりにし、より上級者向けのブローカーを目指す傾向がある模様。

0%
0%
0%
0%

TOTAL SCORE

9.4/10

6

初心者の入り口として最も愛用されている。入金ボーナスキャンペーンなどが開催されているため、利用を開始しやすい。ただしある程度トレードを行ってFXを実感したあとに、上位のFX会社に移行するのが吉。

0%
0%
0%
0%

TOTAL SCORE

9.2/10

なぜあなたはリベートの還元を受ける必要があるか

多くのアフィリエイトビジネスでFXを紹介されているかたは、取引の手数料還元を目当てとしております。
FXだけでなく、多くの金融のビジネスが取引マージンの徴収(FISIM)による利益を基本とするため、そのような姿勢が問題というわけではありません。

しかしながらながら顧客サイドに立てば、手数料が取られることによって、年間で最大60万円程度の機会損失を生み出す可能性があります。
(プロトレーダー平均である月間50ロットに基づいた試算)

ビギナートレーダーではともかく、熟練していけばいくほど、その機会損失は大きくなってしまうところです。
確かに特典などを誘引として、そのような口座を開設する方も多いと思います。

しかしながら弊社はイギリス・フランス・トルコ・パキスタン・マレーシア・タイなど、グローバルな人材を擁しており、
インターネット上に存在するいかなる情報よりも優れた知見を有していますのでご安心ください。

何よりも手数料を抑えることはトレーダーにとっての第一使命とお考え下さい。

You may also like

Leave a Comment