AI を活用した建設管理アプリで建物の安全を確保

by tobiniumu
0 comment



「人を殺すのは地震ではなく、建ての悪い建物の倒壊です。」

ビルド変更地震や暴風雨などの自然災害による住宅の損失を防ぐための財団である は、「建設の諜報監督補佐」(ISAC-SIMO)アプリ。 これは、オープンソースの AI を活用した建設用の品質保証ツールです。 そして、それは無数の命を救うかもしれません。

ISAC-SIMO に会う:

このツールは、機械学習を利用して、建物が災害に備えられるように、人々が最高の材料と建設方法を使用していることを確認するのに役立ちます。

通常、耐震について議論するときは、高度なエンジニアリングと材料を使用して高層ビルや橋を安全にすることについて話しています。 しかしながら、新興地域でコミュニティを再構築するという課題は、必ずしも新しいエンジニアリング ソリューションを考え出すことではありません。

多くの場合、これらのシナリオでの最大の課題の 1 つは、労働者が確実に回復するのに十分な専門知識を見つけることです。 安全に そして正しい材料で。

による Build Change の創設者兼 CEO であるエリザベス・ハウスラーは次のように述べています。

ISAC-SIMO は、特に地震、暴風雨、気候変動の影響を受ける地域で、建築品質を根本的に改善し、住宅が回復力のある基準に合わせて建設または強化されるようにする驚くべき可能性を秘めています。

私たちは、オープンソース コミュニティがさまざまなモデルを開発し、このツールがその潜在能力を最大限に発揮できるように貢献できる基盤を作成しました。 過去 3 年間にわたる IBM のサポートに基づいて構築された Linux Foundation は、このコミュニティの構築を支援します。

このアプリは、David Clarke Cause、IBM、The Linux Foundation、およびその他のパートナーが主催する毎年恒例のオープンソース開発イベントである Call for Code チャレンジの次点として始まりました。

クイックテイク: 規制機関が薄っぺらに広がっているか、存在しない緊急エリアで建設を行ったことがある人なら誰でも、建物の安全性に関して何が見つかるかは絶対にわからないという事実を証明することができます。

壁のレンガとモルタルが安全かどうか、適切な鉄筋とブラケットが建設前に使用されているかどうかなどを知らせるアプリを人々の手に渡せば、時間、お金、人命を確実に節約できます。 .



Source link

2020年のトップFXブローカー | 独占オファー《100%安全・公式サイト完結》

1

300を超える価格供給元との接続で、常に安定したスプレッドと取引能力を提供する世界に類を見ない最高の取引環境。運営年数も長く大きな支障なし。信託保全もあり、中級者以上必須のブローカーです!

0%
0%
0%
0%

TOTAL SCORE

9.9/10

2

ハイレバレッジ取引で一撃数千万円の夢をかなえることができます。スプレッドも安定しており、限られた資金でも最高のパフォーマンスを出すことが可能。素晴らしい選択です!

0%
0%
0%
0%

TOTAL SCORE

9.8/10

3

日本国においては最も有名なブローカーです。知名度は高いですがここをメインにしているという純粋なプロが少なく、ホビープレーヤーが多いのが特徴です。広告宣伝費が膨大なため、その点を気を付ける必要があります。

0%
0%
0%
0%

TOTAL SCORE

9.6/10

4

言わずとしれた日本における最高峰のブローカーの一つ。その認知度と数々のトップトレーダーの推奨によりその安全性は裏付けられている。世界的知名度がや上位勢とは劣る。

0%
0%
0%
0%

TOTAL SCORE

9.5/10

5

キャッシュバックや入金ボーナスサービスなどが手厚いので初心者を中心に好まれている。ここを足掛かりにし、より上級者向けのブローカーを目指す傾向がある模様。

0%
0%
0%
0%

TOTAL SCORE

9.4/10

6

初心者の入り口として最も愛用されている。入金ボーナスキャンペーンなどが開催されているため、利用を開始しやすい。ただしある程度トレードを行ってFXを実感したあとに、上位のFX会社に移行するのが吉。

0%
0%
0%
0%

TOTAL SCORE

9.2/10

なぜあなたはリベートの還元を受ける必要があるか

多くのアフィリエイトビジネスでFXを紹介されているかたは、取引の手数料還元を目当てとしております。
FXだけでなく、多くの金融のビジネスが取引マージンの徴収(FISIM)による利益を基本とするため、そのような姿勢が問題というわけではありません。

しかしながらながら顧客サイドに立てば、手数料が取られることによって、年間で最大60万円程度の機会損失を生み出す可能性があります。
(プロトレーダー平均である月間50ロットに基づいた試算)

ビギナートレーダーではともかく、熟練していけばいくほど、その機会損失は大きくなってしまうところです。
確かに特典などを誘引として、そのような口座を開設する方も多いと思います。

しかしながら弊社はイギリス・フランス・トルコ・パキスタン・マレーシア・タイなど、グローバルな人材を擁しており、
インターネット上に存在するいかなる情報よりも優れた知見を有していますのでご安心ください。

何よりも手数料を抑えることはトレーダーにとっての第一使命とお考え下さい。

You may also like

Leave a Comment