Sinovacワクチン:WHOは「試験データのギャップ」にもかかわらず中国のジャブを承認

by tobiniumu
0 comment


ザ・ 世界保健機関 を承認しました COVID-19 北京の製薬会社が作ったワクチン Sinovac 利用可能な試験データにいくつかのギャップがあるにもかかわらず、 2番目の中国製ショット WHOの承認を得るために。

声明の中で、国連保健機関は、18 歳以上の成人にワクチンを 2 ~ 4 週間間隔で 2 回接種することを推奨していると述べました。

WHOは、ワクチンが完全に予防接種を受けた人の51%で症候性疾患を予防し、調査対象人口の100%で重症のCovid-19と入院を予防したことを、有効性の結果が示したと述べた.

しかしながら、組織は、臨床試験に登録された高齢者はほとんどいないため、60歳以上の人々のワクチンの有効性を推定することはできなかったと述べました.

それにもかかわらず、当局は、「複数の国でのその後の使用中に収集されたデータと支持的な免疫原性データは、ワクチンが高齢者に保護効果をもたらす可能性が高いことを示唆している」ため、ワクチンの年齢制限を推奨しないと述べた.

一部の地域ではCoronaVacと呼ばれるSinovacのワクチンは、不活化ウイルスを使用して開発されました。 保管要件が簡単であるため、資源の少ない環境に特に適していると国連機関は述べています。

ロイター通信によると、WHO の別の予防接種専門家戦略諮問グループ (Sage) は、予備評価で、多国間の第 3 相臨床試験におけるワクチンの有効性は 51% から 84% の範囲であったと述べた。

委員会はまた、ワクチンが60歳未満の成人のCovid-19の予防に効果的である一方で、深刻な副作用のリスクに関する質の高いデータが不足していることも発見しました。

セージ委員会は、妊娠中の安全性、高齢者、基礎疾患のある人、まれな有害事象の評価における安全性と臨床的保護におけるエビデンスのギャップを挙げた.

しかしながら、WHOは火曜日、セージ委員会がワクチンのレビューを完了したと述べた.

この承認により、Sinovac ワクチンを Covax に含めることができます。Covax は、ワクチンへの公正かつ公平なアクセスを目的とした国連支援のイニシアチブです。

保健製品へのアクセスに関するWHOの副局長であるマリアンジェラ・シマオ博士は、「世界は、世界中の巨大なアクセスの不公平に対処するために、複数のCovid-19ワクチンを切実に必要としている」と述べた。

声明の中で、シノバックの会長兼最高経営責任者であるウェイドン・イン氏は、ブラジル、トルコ、インドネシア、チリでのフェーズ3の臨床データと追跡調査の実世界研究は、「コロナバックが40カ国以上で承認されるための確固たる科学的基盤を提供した」 WHO」と同様に。

Sinovac は、これまでに 6 億回以上の投与を行い、そのうち 4 億 3000 万回以上が世界中で投与されていると述べています。

ある調査では、ブラジルの都市で Covid-19 による死亡者が 95% 減少 コロナバックのショットでほぼすべての成人にワクチンを接種した後。 研究者によると、症状のある症例と入院の数も減少したという。

セラナの人口 45,000 人のすべての成人は、今年、Sinovac との研究を行った Butantan Institute による「プロジェクト S」実験の一環としてワクチンを提供されました。 科学者は、人口の 75% が予防接種を受けた後、ウイルスの拡散が抑制されたことを発見しました。



Source link

You may also like

Leave a Comment