AppleはiMessageをAndroidに移行することは良いことよりも害を及ぼすと主張している

by tobiniumu
0 comment


AppleのiMessageをAndroidキャンプに持ち込む試みは何度も繰り返されてきましたが、すべての努力は無駄でした。 同社自体はこの機能を数百万人のスマートフォンユーザーに移植するつもりはなく、つい最近、Appleに対するEpicの訴訟では、これが行われた理由はエコシステムとユーザーを閉じ込めておくためであると詳細に述べています。

Apple Executive Eddy Cueは、同社がAndroid用のiMessageバージョンを作成できた可能性があると主張している

EpicとAppleは、次の裁判に先立って文書を提出していました。 Epicの弁護士は後に、iMessageをAndroidに導入しないことについてAppleに質問しました。 ゲーム開発者は、この動きはiPhoneユーザーを閉じ込めておくために行われたと主張している。Appleの幹部Eddy Cueは、Appleが相互互換性をテーブルにもたらすことを意図してiMessage for Androidを作成できたと証言したが、そうではなかった。 以下は 裁判所への提出 PhilSchillerやCraigFederighiなどのAppleの従業員は、Androidにサービスを提供することに反対していました。

Appleが計画的陳腐化訴訟を解決するために340万ドルを支払う

58. Appleは、iMessageがユーザーを引き付け、そのエコシステム内に維持しなければならない力を認識しています。

a。 2013年には、AppleはAndroidOS用のiMessageのバージョンを開発しないことを決定しました。 (CueDep。92:22-93:1。)

b。 キュー氏は、Appleが「iOSで動作するバージョンをAndroidで作成できた」と証言し、「iOSプラットフォームとの相互互換性があり、両方のプラットフォームのユーザーが互いにシームレスにメッセージを交換できるようになりました。 」。 (キューデパート92:5-9; 92:11-16)

c。 しかし、Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長でiOSを担当するエグゼクティブであるCraig Federighiは、「Android上のiMessageは単に削除するのに役立つだろう」と恐れていました。 [an] iPhoneの家族が子供たちにAndroid携帯を与えることへの障害」。 (PX407、 ‘122で。)

d。 AppStoreを担当するAppleの幹部であるPhilSchillerは、AppleがAndroidデバイスでiMessageを提供すべきではないことに同意しました。 (キューデパート92:18-93:1)

e。 2016年、Appleの元従業員が次のようにコメントしたとき、 [reason] Appleユニバースアプリを離れるのはiMessageです。 。 。 シラー氏は、AppleエコシステムへのiMessageは深刻なロックインに相当する」とコメントし、「iMessageをAndroidに移行することは、私たちを助ける以上に傷つけるでしょう。このメールはその理由を示しています」。 (PX416、 ‘610; CueDep。114:14-115:2)

これらの声明を読んだ後、iMessageをiPhoneに限定するというAppleの決定は、害を防ぐために維持されたものではなく、戦略的な動きであったと推測できます。 これは、Appleが開発者に対して不公正な商慣行を採用しているというEpicの主張を強化するのに役立つ可能性がありますが、法律に違反するものではありません。 あなたが少しの希望を探していた場合に備えて、iMessageがAndroid用にすぐに到着することも期待すべきではありません。

iMessageはiPhoneユーザーに限定されるべきだと思いますか? コメントで教えてください。

ニュースソース: 9to5Google





Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment