米国海軍のパトロールが拡大するにつれて、中国は紛争中の南シナ海で訓練を行う| 国境紛争ニュース

by tobiniumu
0 comment


中国は南シナ海の深部を掘削して海底から堆積物コアを回収したと国営メディアが報じた。米国がこの地域での海軍のプレゼンスを高めるにつれ、ライバルの主張者である台湾やフィリピンとの争いのある海域をめぐる緊張の中で。

新華社通信によると、海洋調査船の中国人科学者は、中国の自家製シーブルII掘削シス​​テムを使用して、長さ231メートル(757フィート)、深さ2,060メートル(6,760フィート)の堆積物コアを採取した。

このシステムは、有望なエネルギー源として宣伝されているメタンと水の混合物から形成された固体の氷のような結晶に言及して、海底の天然ガスハイドレート資源を探索するのに役立ちます。

南シナ海のどこで掘削が行われたのかは正確には不明であり、その約90パーセントが北京によって領海として主張されています。 ハーグの国際仲裁裁判所は、その主張は法的根拠がないと宣言しました。

マレーシア、フィリピン、台湾、ベトナム、ブルネイも、石油とガスの可能性が非常に高い海の一部を主張しています。

この地域の緊張は、次のような暴露を受けて、ここ数週間でエスカレートしています。 200隻の中国の「海上民兵」船 パラワン島の西約320km(200マイル)にあり、フィリピンの排他的経済水域(EEZ)内にある牛軛礁に集まっています。

それ以来、米国は、日曜日に南シナ海に入ったUSSセオドア・ルーズベルトが率いる海軍の空母打撃群を配備しました。

金曜日のサウスチャイナモーニングポスト紙の報道によると、米国はまた、マラッカ海峡を通って忙しいシーレーンに入るために強襲揚陸艦USSマキンアイランドを配備しました。

このグループには、北京に本拠を置く南シナ海の戦略的状況調査イニシアチブからの情報を引用して、水陸両用輸送ドックUSSサンディエゴも含まれていると報じられています。

米国は、それを「通常の」輸送と呼び、「航行の自由」の原則に従って、最新の海軍活動を擁護しました。

「すべてのオプションが開いています」

ロドリゴ・ドゥテルテ大統領の政権以来、北京とより緊密な関係を築いてきた米国の同盟国であるフィリピンは、最近、EEZに中国の船舶が存在することについて懸念を表明している。

木曜日、フィリピン国防総省は、マニラの北京との外交論争が拡大する中、「すべての選択肢を開いたまま」にしていると述べた。

フィリピン国防総省のスポークスマン、アルセニオ・アンドロン氏は、「(南シナ海の)状況が進展するにつれて、米国などの他の国々とのパートナーシップを活用することを含め、状況を管理するためのすべての選択肢を開いたままにする」と述べた。

外務省はまた、中国の船が牛軛礁を離れるまで、毎日外交抗議を行うことを約束しました。

3月23日に撮影された配布衛星画像は、フィリピンの排他的経済水域内の牛軛礁に停泊している中国の船舶を示しています [Handout Photo/Maxar Technologies via AFP]

中国が自国の領土であると主張する自治台湾も、南シナ海の台北が支配するプラタス諸島を周回する中国のドローンを撃墜すると脅迫している。

最近では、台湾海峡の緊張も高まっており、自治民主主義の島は水曜日に、本土の飛行機のうち15機が台湾の防空識別圏に侵入したと報告しています。

台北は、必要に応じて「最後の日まで」身を守ると警告した。

月曜日に、中国の空母、遼寧も台湾の近くで海軍演習を主導し、北京はそのような訓練が定期的に行われるようになると述べた。

南シナ海での中国の石油およびガス探査活動は、特に国営の中国海洋石油集団(CNOOC)が2014年にベトナムの領有権を主張する海域に深海掘削リグを配備したときに、緊張をかき立ててきました。

年間3兆ドル以上と推定される世界の貿易の3分の1が南シナ海を通過しています。





Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment