AAXAP6Xピコプロジェクター-2021年レビュー

by tobiniumu
0 comment


359ドルのAAXAP6Xはピコと呼ばれています プロジェクター AAXAのWebサイトにありますが、「pico」はシャツのポケットに収まり、あまり明るくないものを表していると思うと、誤解を招く可能性があります。 P6Xはブリーフケースやバックパックに入れるのに十分小さいですが、それは特大のパームトップであり、事実上、より大きく、より明るいバージョンです。 コダックルマ350 または ViewSonic M1 mini。 AAXAはこれをビジネスプロジェクターと呼んでいますが、自宅でカジュアルな映画やビデオの視聴、さらにはゲームにも適しています。


解決策の解決

P6Xは、定格1,100 LEDルーメン(詳細は後ほど)のLED光源と1,280 x 800DLPチップを組み合わせたものです。 PCおよびビデオソースとの1080p(1,920 x 1,080)接続を自動的にネゴシエートするため、1080pプロジェクターのようにすべての実用的な目的で動作しますが、720pに期待されるよりソフトなフォーカスを備えています。

定義上、LEDプロジェクターのLEDルーメン定格はANSIルーメンよりも高くなっています。 違いは、彩度の高い色は彩度の低い色よりも明るく知覚され、LEDはランプベースのプロジェクターよりも彩度の高い色を生成するという観察結果に由来します。 ただし、LEDルーメンを決定するための基準がないため、他のプロジェクターとの比較には役立ちません。 私のテストでは、ブライトパワー設定は800ANSIルーメンから期待するものに近かった。 ただし、内蔵の充電式バッテリーを使用する場合、Bright設定は使用できません。これにより、電力設定は、定格が1,000 LEDルーメンで寿命が90分のEco、定格が400LEDルーメンで4時間に制限されます。

移植性が強みです。 P6Xはわずか1.85x 6.25 x 6.2インチ(HWD)で、ACアダプターを除いた重量は1.8ポンドなので、ブリーフケースやバックパックに簡単に入れることができます。 ただし、保護ケースは付属していません。 傷を避けるために入手することをお勧めします。

前面のメモリカードスロットはmicroSDおよびTFカードをサポートします。 HDMIおよびUSBタイプA2.0ポートは背面にあります。 Wi-Fi機能はありません。 付属のリモコンはクレジットカードとほぼ同じサイズですが、紛失した場合は、プロジェクターの上にフルセットのリモコンがあります。

セットアップは、P6Xを画面に向け、画像ソースを接続し、手動で焦点を合わせるだけです。 ズームはありませんが、プロジェクターを動かして画像サイズを調整するのは簡単です。 AAXAには、さらに調整するために傾けることができる小さな卓上三脚が含まれています。

私は2つの小さな迷惑に遭遇しました。 1つ目は、フォーカスホイールがHDMIポートのすぐ下にあることです。 USBメモリキーやmicroSDまたはTFカードからファイルを読み取る場合、位置は関係ありませんが、HDMIケーブルが接続されているとフォーカスホイールに到達しにくくなります。 フォーカシングはまだ可能ですが、少し不便です。

PX6プロジェクターの背面

2番目の問題はもっと厄介だと思いましたが、ファームウェアのアップデートで修正できます。 プロジェクターの位置の設定(画面の前または後ろ、右側を上または反転)は、プロジェクターの電源をオフにしてから再びオンにする場合に常に有効であるとは限りません。 私のテストで何度か、それをリセットするために鏡像と時々逆さまのメニューをいじくり回さなければなりませんでした。 AAXAは問題を認識しており、まもなくダウンロード可能なファームウェア修正が提供される予定であると述べています。

USBポートを使用して内蔵バッテリーから携帯電話を充電できます。これは、不便のバランスをとるのに役立つ予期しない便利さです。

オーディオシステムが強みです。 オンボードの4ワットスピーカーは、このサイズのプロジェクターに驚くほど高品質のサウンドと、小さな会議室や中規模のファミリールームを簡単に満たすのに十分な音量を提供します。 3.5mmステレオオーディオ出力ポートもあります。


黒がたっぷり、色が多すぎる

P6Xメニューには、変更できない3つの定義済み画像モード(ソフト、標準、鮮やか)に加えて、明るさ、彩度、コントラスト、シャープネスを調整できるユーザーモードがあります。

テキストおよびビジネスグラフィックスの場合、P6Xは、パステルカラーの彩度を下げる傾向があるVividを除くすべてのモードで、鮮やかで人目を引く色を提供します。テストでは、パステルカラーが白くなることがあります。 他の3つのモードはすべて、グラフィックとテキストを使用したプレゼンテーションに適しています。 写真、フィルムクリップ、またはビデオを含むものについては、スタンダードとユーザーが最も自然に見える肌の色調を示しました。 各モードの一部の色は、Day-Gloの鮮やかさの境界に達するまで過飽和で明るすぎましたが、それはフォトリアリスティックな画像よりもグラフィックスの方が明白でした。

ビデオや映画の場合、ほとんどの人は、リアリズムの領域のすぐ外をさまようことから、緑の草のような記憶の色を時々許す必要があるにもかかわらず、標準、ソフト、およびユーザーの色の精度を許容できると考えます。 肌の色の精度はすべてのモードで変化するため、視聴している特定の映画で最も気にならないものを選択する必要があります。

プロジェクターのテスト方法をご覧くださいプロジェクターのテスト方法をご覧ください

4つのモードはすべて、価格に見合った優れたコントラストとシャドウのディテールとともに、特に暗い黒レベルを実現しました。 ただし、ユーザーモードがこのスコアで最初に登場し、500ドルから1,000ドルの範囲のほとんどのホームシアタープロジェクターよりも視覚的なインパクトがあり、特に要求の厳しい暗いシーンをレンダリングしました。 HDRまたは3Dはサポートされていません。

ゲームの場合、入力ラグを33.4msで測定しました。これは、最も真面目なゲーマーを除くすべてのゲーマーにとって十分な速さです。

PX6プロジェクターの上部

レインボーアーティファクトは少なく、つかの間でした。 他のシングルチッププロジェクターと同様に、これらの赤、緑、青のフラッシュが面倒な場合は、返品手数料なしで返品できるディーラーから購入して、自分でテストできるようにしてください。

すでに述べたように、最高輝度でのP6Xの画像は、定格800ANSIルーメンのランプベースのプロジェクターに期待するのとほぼ同じ明るさでした。 暗い部屋では、16:9の画像が投げられ、90インチの対角線、1.0ゲインの画面で、フルレングスの映画を見るなど、長時間表示するのに十分な明るさ​​でした。 また、ライトが点灯しているファミリールームで夜に80インチの画面を照らすのに十分な明るさ​​でした。 窓から日光が流れると、画像は見えましたが、それ以上のものではありませんでした。 バッテリー寿命が4時間のエコモードを使用すると、80インチの画像は、ライトをオフまたはオンにして短時間で見ることができましたが、ライトをオフにしても長時間見るには少し暗すぎました。


完璧ではありませんが、好きなものがたくさんあります

AAXAP6Xは印象的な小さなプロジェクターです。 ViewSonic M1miniやKodakLuma 350よりも大きく、重く、高価ですが、はるかに明るいです。 また、より大きく、より高価なプロジェクターよりもはるかに堅牢なオーディオと、より優れた音質と大音量を備えています。 P6Xほどポータブルで安価なプロジェクターで、これほど明るく見やすい画像を提供できるものはほとんどありません。 携帯電話やタブレットの画面をミラーリングするためにWi-Fi接続が不要で、プロジェクターのポジショニング設定のフォーカスと保持に関する小さな問題に耐えられる限り、P6Xは外出先でのプレゼンテーションやメディアの視聴に最適です。自宅で。



Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment