核融合エネルギーのランドマークを主張するTAETechnologiesは、2030年までに商品化を目指す– TechCrunch

by tobiniumu
0 comment


小さな ロサンゼルスとサンディエゴのほぼ中間に位置する工業団地であるある企業は、核融合から発電するための新技術の開発において画期的な出来事を迎えたと主張しています。

20歳の核融合エネルギー技術開発者 TAEテクノロジーズ 原子炉は、5000万度(太陽のほぼ2倍の高温)を超える温度で安定したプラズマを生成する新たな能力のおかげで、10年の終わりまでに商業規模で稼働する可能性があると述べた。

核融合エネルギーの可能性は、排出量が少なく、二酸化炭素排出量のないほぼ無限のエネルギー源であり、人類が最初に原子力エネルギーの力を利用してから約70年の間10年が経過しました。 しかし、TAEを含む多くの企業が ジェネラルフュージョンコモンウェルスフュージョンシステム と他のホスト 北米および世界中 —サイエンスフィクションの領域から現実の世界にテクノロジーをもたらすことを目指して急速な進歩を遂げています。

TAE Technologiesにとって、この成果は、核融合エネルギー研究に人生を捧げ、彼が作成を支援した会社が最新のマイルストーンに到達するのを見る前に亡くなった会社の共同創設者の1人であるNormanRostokerの人生の仕事の検証として役立ちます。

「これは非常にやりがいのあるマイルストーンであり、私の故メンターであるノーマン・ロストーカーのビジョンへの適切な賛辞です」と、TAEの現在の最高経営責任者であるMichlBinderbauerは会社の業績を発表した声明で述べました。 「ノーマンと私は1990年代に論文を書き、高エネルギー粒子が支配する特定のプラズマは、温度が上昇するにつれてますます閉じ込められ、安定するはずだと理論付けました。 私たちは今、圧倒的な証拠でこのプラズマの振る舞いを実証することができました。 これは、過去30年間にわたる私たちの取り組みの強力な検証であり、物理法則が私たちの側にあることを証明するTAEにとって非常に重要なマイルストーンです。」

Rostokerの遺産は、適切には「Norman」と呼ばれる同社のテクノロジープラットフォームを通じてTAE内に存在しています。 過去18か月で、そのテクノロジーは一貫したパフォーマンスを示し、数百のテストサイクルで5,000万度を超えました。

6年前、同社は、リアクターの設計がプラズマを無期限に維持できることを証明しました。つまり、反応でスイッチを切り替えると、核融合反応を無期限に継続できることを意味します。 現在、同社は、原子炉を商業的に実行可能にするために必要な温度を達成したと述べた。

これらのマイルストーンの背後にあるのは、TAEがさらに2億8000万ドルの資金を調達し、合計で8億8000万ドルに達し、世界で最も資金が豊富な民間核融合の取り組みの1つになることです。

「ノーマンのマイルストーンは、私たちのユニークなアプローチが技術的に、そしてより重要なことに、経済的に融合をもたらすという高い信頼を私たちに与えます」とバインダーバウアーは言いました。 「科学的検証段階から、核融合技術と電力管理技術の両方の商用規模のソリューションのエンジニアリングに移行するにつれて、TAEはエネルギーグリッド全体の近代化に大きく貢献するでしょう。」

同社はまだエネルギーを生成しておらず、近い将来にエネルギーを生成することはありません。 ビンダーバウアー氏によると、同社の次の目標は、核融合反応からエネルギーを生み出すために必要な条件を作り出すことができるところまで技術を開発することです。

「エネルギーは非常に小さいです。 それは重要ではありません。 それは干し草の山の中の針です」とBinderbauerは言いました。 「エネルギーの識別可能性の観点から、診断に使用できます。」

TAE Technologies Michl Binderbauerは、同社の新しい核融合炉の隣に立っています。 画像クレジット: TAEテクノロジーズ

太陽に従ってください

TAE Technologiesが国立研究所規模の核融合装置であるノーマンに到達するまでに1億5000万ドルと5回の反復が必要でした。 同社は、Googleと共同で開発した機械学習プログラムと、エクサスケールレベルのコンピューティングを活用するエネルギー省のINCITEプログラムの処理能力を使用して最適化された、25,000を超える完全に統合された核融合炉心実験を実施したと述べた。

新しいマシンは2017年の夏に最初に起動されました。それが構築される前に、TAE Technologiesは10年間の実験を経て、物理的なプロトタイプの構築に取り組み始めました。 2008年までに、プラズマコアを作成し、それにいくつかのエネルギー粒子を注入するための統合実験の最初の建設が始まりました。 フィーダー技術とビームだけで1億ドルかかるとバインダーバウアー氏は語った。 その後、同社は真空調整などの他の技術を開発する必要がありました。 同社の3メガワットの電源を、750メガワットのエネルギー反応に電力を供給するのに十分な封じ込めシステムに確実に格納できるようにするために、電力制御メカニズムも導入する必要がありました。

最後に、Googleのような企業から機械学習機能を利用する必要があり、エネルギー省の計算能力を利用して、Rostokerの人生の仕事を定義する定理を採用し、それらを現実のものにすることができることを証明できる計算を管理する必要がありました。 。

「ノーマンがオペレーティングマシンになるまでに、4世代のデバイスが先行していました。 それらのうち、完全に統合された2台と2世代のインクリメンタルマシンがあり、すべてではなく一部を実行できました。」

核融合エネルギーの燃焼問題

核融合はゼロカーボンエネルギー源として多くの可能性を秘めていますが、プリンストンプラズマ物理研究所の元主任物理学者であるダニエルジャスビーのように、深刻な制限がないわけではありません。 2017年の原子力科学者会報の記事に記載されています

ジャスビーは書いた:

中性子に富む同位体を燃焼させる地球に結合した核融合炉には、無害ではない副産物があります。エネルギーのある中性子流は、重水素-トリチウム反応の核融合エネルギー出力の80%と重水素-重水素反応の35%を構成します。

さて、80パーセントの高エネルギー中性子流からなるエネルギー源は完璧かもしれません 中性子 ソース、しかしそれが理想として歓迎されることは本当に奇妙です 電気 エネルギー源。 実際、これらの中性子流は、原子力エネルギーに関する4つの残念な問題に直接つながります。 放射性廃棄物; 生物学的シールドの必要性; そして、兵器級プルトニウム239の生産の可能性。したがって、核兵器の拡散の脅威を増すが、核融合の支持者が持っているように、核兵器の拡散を減らすことはない。

さらに、核融合炉が実際に実現可能である場合(ここで想定されているように)、トリチウム放出、困難な冷却材需要、高い運用コストなど、核分裂炉を悩ます他の深刻な問題のいくつかを共有します。 核融合装置に特有の追加の欠点もあります。自然界には見られず、原子炉自体が補充しなければならない燃料(トリチウム)の使用。 やむを得ないオンサイトの電力消費により、販売可能な電力が大幅に減少します。

同社の広報担当者によると、TAE Technologiesは問題を認識しており、同社はジャスビーが製品開発で提起した問題に注目していると広報担当者は語った。

「トリチウムへのすべての呼びかけは、TAEが最初から(90年代初頭)その原料としてpB-11に焦点を合わせてきた理由です。 TAEはpB-11への自然な足がかりとしてDT条件に到達し、「わずか」100M cで調理するのに対し、pB-11は1Mc以上です」とスポークスマンは回答で書いています。 「100万にスケールするのははるかに難しい成果のように思えますが、このマイルストーンが証明するのは、TAEが生成している種類の融合の「スケーリング法則」です— FRC(ドーナツとは異なり、「ノーマン」の線形設計)トカマク)プラズマが高温になるほど、プラズマはより安定します。 それは反対です [Tokamak]。 マイルストーンは、DTを超えてpB11まで温度を上げ、理想的な陸生原料であるホウ素(安価で、ニュートロニックで、豊富な)との核融合を実現できるという科学的な自信を彼らに与えます(ヘリウム3のために月を採掘しないでください!)。

電力の問題に関しては、TAE核融合炉は、オレンジカウンティのグリッドを停止することなく(そしてそれをSCEに証明する必要なしに)、マシン上で2MWのグリッドフィードを750MWのショットに変換し、プラズマを成形してコースを修正するために電力需要をマイクロ秒単位でスケーリングできます。リアルタイムで、スポークスマンは書いた。

実際、TAEは、電力管理技術を、グリッドおよび電気自動車でのピークシェービング、エネルギー貯蔵、およびバッテリー管理に焦点を当てた別の事業にスピンオフする予定です。

「より安全な」融合技術?

同社によれば、水素ホウ素(p-B11)燃料サイクルは、地球上で最も豊富な燃料源であり、TAETechnologiesの原子炉の究極の原料となるとのことです。 しかし当初、TAEは、現在核融合技術を開発している他のほとんどの企業と同様に、燃料源として重水素-トリチウムを使用する予定です。

同社が調達を発表した新資本の一部を利用して建設される実証施設「コペルニクス」は、DT燃料サイクルから始まり、最終的には切り替えを行う。 やがて、TAEは、最終的な目標を達成しながら、DTテクノロジーのライセンスを取得したいと考えています。

同社の「マイルストーンによるお金」アプローチに資金を提供しているのは、世界で最も裕福な家族、企業、企業の一部です。 バルカン、ベンロック、NEA、ウェルカムトラスト、グーグル、クウェート投資庁はすべて後援者です。 アディソンフィッシャー、アートサンバーグ、チャールズシュワブのファミリーオフィスも同様です。

「TAEは21世紀のニーズに奇跡をもたらしています」と、TAEの取締役であり、環境保護と環境問題に数十年携わってきた長年の投資家であるアディソンフィッシャーは述べています。 フィッシャーはまた、ベリサインを設立し、現代の電子商取引の基礎となるセキュリティ技術の定義と実装のパイオニアです。 「TAEの最新の資金提供により、同社は、地球に利益をもたらす持続可能な核融合および電力管理ソリューションの実装において、最後から2番目のステップに着手することができます。」



Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment