写真のIntelのXe-HPGDG2ハイエンドゲーミンググラフィックスカード

by tobiniumu
0 comment


IntelのハイエンドXe-HPGDG2GPUベースのディスクリートゲーミンググラフィックスカードと仕様の最初の写真が ムーアの法則は死んでいる。 漏洩者はエンジニアリングボードの最初の写真を投稿しただけでなく、フラッグシップパーツの仕様と期待されるパフォーマンス数値も詳しく説明しました。

写真のIntelのXe-HPGDG2ハイエンドゲーミンググラフィックスカード-512EU、TSMC6nmノードで275WTDP、NVIDIAのRTX3080までのパフォーマンス

Gen12グラフィックスアーキテクチャに基づくXeHPG DG2 GPUはまったく新しいデザインであるため、これらのようなまったく新しいシェーディング技術を備えていることが期待されます。 それ以外に、Intelディスクリートグラフィックスカードは、レイトレーシングや、内部でXeSS(Xe Super Sampling)と呼ばれているIntel独自のDLSS競合製品などのさまざまな機能を完全にサポートします。

ASUSはIntelZ390およびZ370マザーボードのサイズ変更可能なBARサポートで他のメーカーに大きく遅れをとっています

カード自体に関しては、MLIDは、写真のサンプルは非常に初期のエンジニアリングサンプルであり、最終的なデザインではないと述べています。 これは、カードの最終バージョンで変更される緑色のPCBと安価なプラスチックシュラウドから明らかです。 写真は、デュアルファン冷却を備えたデュアルスロットフォームファクター、大きなアルミニウムフィンヒートシンク、および小さなアクリルパネルに貼られたIntelロゴを実行しているカードを示しています(Lが欠落していることに注意してください)。

以下は、Intel Xe-HPGDG2グラフィックカードのエンジニアリングサンプルの最初の写真です。 以下は最終的な設計ではないことに注意してください。 (画像クレジット:ムーアの法則は死んでいます)

このカードは8+ 6ピンコネクタ構成を備えており、MLIDによると、Intel Xe-HPGDG2ゲーミングディスクリートグラフィックスカードの予想TDPは最大275Wと予想されます。 PCBまたは背面は、MLIDのソースを追跡できるトレースが含まれているため、リークには表示されません。

Intel Xe-HPG DG2 512EUディスクリートゲーミンググラフィックスカードの仕様

「世界最高のプロセッサ」機能に関するIntelの最新広告…MacBookPro

Xe-HPGベースの各DG2GPU SKUは、フルファットチップからいくつかのカットダウンバリアントまで、さまざまな構成で提供されます。 これは、NVIDIAのAmpere GA102-400、GA102-200の命名規則、またはAMDのNavi 21 XTX、Navi 21 XT、Navi 21XLの命名規則に似ています。 上位のDG2512 EUバリアントには、これまでにリストされた構成が1つだけあり、4096コア、256ビットバスインターフェイス、および最大16 GB GDDR6メモリ(8 GB GDDR6もリストされています)を備えたフルダイを利用します。 需要と歩留まりに基づいて、Intelはこのフラッグシップチップのより多くのバリエーションを生産する可能性がありますが、現時点でははっきりとは言えません。

Xe-HPG DG2 512 EUチップは、最大2.2 GHzのクロックを搭載することが推奨されていますが、これらが平均クロックなのか最大ブーストクロックなのかはわかりません。 また、Intelの最初のTDPターゲットは225〜250 Wだったと言われていますが、現在は約275Wに引き上げられています。 Intelがクロックをさらにプッシュしたい場合は、デュアル8ピンコネクタを備えた300Wバリアントも期待できます。

Intel Xe-HPG DG2 GPUベースのディスクリートゲームグラフィックスカードの仕様:

GPUバリアント GPUSKU 実行ユニット シェーディングユニット(コア) 記憶容量 メモリバス TGP
Xe-HPG 512EU DG2-512EU 512のEU 4096 16/8 GB GDDR6 256ビット 〜275W
Xe-HPG 384EU DG2-384EU 384のEU 3072 12/6 GB GDDR6 192ビット TBC
Xe-HPG 256EU DG2-384EU 256のEU 2048 8/4 GB GDDR6 128ビット TBC
Xe-HPG 192EU DG2-384EU 192のEU 1536 4 GB GDDR6 128ビット TBC
Xe-HPG 128EU DG2-128EU 128のEU 1024 4 GB GDDR6 64ビット TBC
Xe-HPG 96EU DG2-128EU 86のEU 768 4 GB GDDR6 64ビット 〜120W

Intel Xe-HPG DG2 512EUディスクリートゲームグラフィックスカードのパフォーマンスと機能

繰り返しになりますが、これらはXe-HPGアーキテクチャを利用するいくつかのバリエーションのほんの一部です。 Intel DG2 GPUは、今年後半にデスクトップとモビリティの両方の設計に採用される予定であり、外部のファウンドリプロセスノード、おそらくTSMCとその6nm(N6)ノードに基づいていると噂されています。

それに加えて、いくつかのパフォーマンス目標も言及されており、フラッグシップのXe-HPG DG2ディスクリートグラフィックスカードは、AMD Radeon RX 6800XTにも近いはずのNVIDIAGeForce RTX3080と同じくらい高速であることが示唆されています。 3DMark TimeSpyスコアは、さまざまなサンプルに基づいて大きく異なり、最終的にRTX2080とRTX3090の間のどこかになります。パフォーマンスメトリックは、異なる構成のDG2SKUのものである可能性があります。

同社には非常に優れたドライバーがいると言われていますが、Intelは2つのルートを進む可能性があるため、カード自体のタイミングに依存します。他の機能の多くは、AMDのRDNA 2と同様で、発売後数か月でDLSSの競合製品をまだ受け取っていません。 エンコーディングとプロシューマーの機能も、Xe-HPGグラフィックカードにとって非常に印象的です。

Intel Xe-HPG DG2 512EUディスクリートゲーミンググラフィックスカードの入手可能性と価格

漏洩者は、カードは2021年第4四半期まで、あるいは来年初め(適切な入手可能性)まで、発売の準備ができていないと述べています。 カードはまだIntel自身による設計調整を受けているため、AIBはまだカードに関する適切な情報を受け取っていません。 プロシューマーのバリエーションも予想されますが、2022年まで準備ができていません。512EUSKUがコンシューマーセグメントに向かっているようです。最初に128 EUSKUが続きます。 リーカーはまた、DG2 GPUの後継機はElasti「DG3」として知られ、リリース日は2023年に予定されていると述べています。

価格については、ミッドレンジカードの価格は約200ドルから300ドルになると予想されています。これは、ラジャコドゥリがゲームのスイートスポットと見なしているものです。 ハイエンドバリアントの価格については言及されていませんが、500米ドルを超えると予想されます。 インテルのデスクトップディスクリートゲームグラフィックスのラインナップに関連する2021年半ば頃の詳細情報を期待してください。





Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment