Krakenは来年の直接上場の暫定計画を繰り返します

by tobiniumu
0 comment



CEOのジェシー・パウエル氏によると、世界最大の暗号通貨取引所の1つであるKrakenは、来年公開する予定です。

パウエル 登場 Krakenが取引量の急増や新規顧客の申し込みなど、記録的な第4四半期の結果を発表した後、CNBCのセグメントで。

「第1四半期は昨年全体を完全に吹き飛ばしました」と彼は言いました。 「2月末までに昨年の数字を上回りました。 市場全体が本当に爆発したばかりです。」

潜在的な株式市場のデビューに関して、パウエル氏は、2022年が新規上場のターゲットになる可能性が高いと述べた。

「来年中に公開できるようになることを目指しています。 […] Coinbaseと同様に、おそらく直接のリストになるでしょう。」

Coinbaseは 4月14日に公募を行う、ウォール街に暗号ブームへの露出を得るためのより一般的な方法を提供します。 従来の新規株式公開とは異なり、同社は直接上場を通じて公開します。 つまり、Coinbase株式の現在の所有者は、保有する株式を変換して上場できるようにします。これにより、時間と費用のかかる引受プロセスを回避できます。

クラーケンのように、 Coinbaseは記録的な第1四半期を迎えます、取引量が276%急増した後、収益は18億ドルに達しました。

Krakenは、多くのアナリストと同じ1,000億ドルのバリュエーションを達成する可能性は低いですが 予測 Coinbaseの場合、公開リストはまだ大規模である可能性があります。 先月、 クラーケンはコインテレグラフに語った その公開上場は、特別目的会社(SPAC)を経由するには単に「大きすぎる」ということです。

会社のスポークスマンは次のように説明しました。

「Krakenが公開することを決定した場合、私たちは大きすぎてそのルートに行くことができないため、SPACではなく直接リストを通じて公開します。」