Appleに対するEpicGamesの訴訟を決定する3つの質問

by tobiniumu
0 comment


5月3日、 Fortnite 出版社のEpicGamesはついに法廷でその日を迎え、Appleに弁護を強いる 蹴る Fortnite iOS AppStoreから 昨年。 エピックの反トラスト訴訟は、単一のゲームよりも大きいです。 これはAppStoreモデルへの直接の挑戦であり、Xeroxの時代以来Appleが直面した最も重要な法的挑戦です。

昨夜、 両方 側面 「事実の提案された発見」と呼ばれる文書を提出し、本質的に彼らが彼らの議論で信頼するであろうすべての事実の主張をレイアウトしました。 ドキュメントは合計650ページを超えており、iPhoneの初期からEpicのケースまで、それぞれの側がケースをどのように見ているかについての詳細なロードマップを提供します。 Appleとのこの戦いを選ぶための特定の準備。 しかし、提出書類はまた、事件に焦点を合わせ、今後数ヶ月の裁判の中心となる3つの質問を提起します。

ケースの核心は、いわゆるApp Store税です。これは、AppleがApp Storeを通じて購入した場合に徴収する30%の追加料金です。 Fortnite App Storeの規則で禁止されている独自の支払いシステムをインストールすることで、その税金を回避したことでAppStoreが開始されました。 現在、エピックは、規則が施行されるべきではなかったと法廷で主張しています。

この事件はAppStoreが独占であるかどうかについてよく耳にしますが、Epicの主張はそれよりも微妙であり、法的な独占と市場支配力の乱用に関する独占禁止法の考えを利用しています。 Epicが見ているように、iOSに対するAppleの独占は合法ですが、その独占からの市場支配力を利用して、アプリ配布の流通市場を支配しています。 Epicは、この状況を90年代のMicrosoftの独占禁止法の訴訟と比較しています。つまり、Windowsに対する合法的な独占であり、Webブラウザの流通市場に違法に拡大されています。

これは良い理論ですが、AppStoreモデルがiOSとは根本的に分離していると見なした場合にのみ機能します。 事実の声明の中で、Appleは独占的なApp StoreをiPhoneの基本的な部分、デバイスを価値あるものにする幅広い製品の一部として説明しています。 「Appleは、iOSデバイスが、PCの世界で使用されていたマルウェアや不安定性の問題、品質の問題からより確実に保護されるようにしたいと考えていました」とAppleは提出書類で主張しています。 App Storeの独占権はその一部ですが、コード署名やハードウェアの信頼のルートシステムなどのセキュリティ対策もその一部です。 ソフトウェア側では、App Storeのレビュー後にのみ有効になる、さまざまなプライベートAPIとOSレベルの資格があり、システムをより緊密に結び付けています。

もちろん、Googleがこれらの制限のない競合するモバイルオペレーティングシステムを提供しているというこの議論には不便です。サイドローディングを可能にするApple独自のmacOSは言うまでもありません。 明らかに、iOS上で競合するアプリストアを許可することは技術的に可能です。 問題は、裁判所がそれをAppleのビジネスモデルの変更と見なすのか、iOS自体の変更と見なすのかということです。

Epicの最大の課題の1つは、AppStoreモデルがかなり普及していることです。 XboxやPlayStationのようなコンソールは、基本的に同じプレイブックで動作し、ハードウェアにロックされ、メーカーによって制御されている、オープンでありながら厳選されたデジタルストアを通じてゲームをデジタル配信します。 それだけでは合法ではありませんが、AppStoreのロックダウンが消費者を閉じ込めていないというAppleの主張に信憑性を加えています。 遊びたくないなら Fortnite iPhoneでは、コンソールまたはPCで再生できます。 一部のデバイスは特定の流通チャネルにロックされており、一部はロックされていないため、ユーザーは自分の足で投票することができます。

ファイリングで説明されているように、この議論に対するエピックの反論は、「ビデオゲームコンソールはスマートフォンとは根本的に異なるビジネスモデルで動作する」というものです。 コンソールゲームの開発は時間と費用がかかり、ゲームの安定供給がなければコンソールは役に立たないため、コンソールメーカーは開発者を引き付けるという大きなプレッシャーにさらされています。 つまり、ハードウェア自体は多くの場合コストで販売され、AppStoreの手数料が主な利益源になります。

Epicは、Appleの利益のほとんどは依然としてiPhoneの販売によるものであるため、Appleは異なっていると主張している。 「開発者はこれらの利益に参加しません。アプリの可用性がデバイスの販売に大きく貢献しているとしても」とファイリングは主張します。

あるレベルでは、これはコンソール会社が開発者にとってより良いという議論に要約されるので、彼らのプラットフォームパワーはそれほど問題ではありません。 XboxとPlayStationの間の絶え間ない競争により、ゲーム開発者はより有利な用語を抽出することができます。 しかし、iOSとAndroidは同じようにアプリ開発者をめぐって競争するわけではなく、モバイル開発のコストが低いということは、競争が大きく異なる条件で行われることを意味します。 Appleは人々にiPhoneを購入する多くの理由を与えてきました。これは、特定の事業分野へのプレッシャーが少ないことを意味します。 しかし、それは独占力の基準をはるかに下回っており、Appleは最終的にコンソールの比較からかなり良く見えます。

何よりも、Appleは、自社のデバイスに対してどれだけの制御を発揮できるかという深刻な問題に直面しています。 批評家にとって、これはAppleの原罪であり、工業的およびグラフィックデザインを使用して顧客を壁に囲まれた庭に誘い込み、ゲートをロックします。 ファンにとって、それはAppleの天才であり、ハードウェアとソフトウェアを統合して、より目的のある強力なユーザーエクスペリエンスを提供します。 しかし、それはすべて、ハードウェア統合を使用してソフトウェアで何が起こるかを制御する、クローズドスタックを維持するAppleの能力にかかっています。

このトライアルはそのスタックを元に戻すことはできませんが、Appleがそれを使ってできることを制限する可能性があります。 Epic Gamesの戦いは支払い処理をめぐって始まりましたが、同じ法的基準により、代替のアプリストアが許可されたり、AppleがParlerなどの不正なアプリに課すことができる制限が制限されたりする可能性があります。 これは、無線通信事業者や銀行の規制と同様に、テクノロジー企業の運営方法に規制の制限を設定するための最初のステップです。 最も基本的なレベルでは、Epicは、Appleのエコシステムが大きくなりすぎて強力になりすぎて、クパチーノを完全に使い果たすことができないと主張しており、独占禁止法に直接責任を負う時が来ました。

Appleのファイリングの何百ものページは、開発者とiPhoneの所有者にとってのそのシステムの利点に捧げられており、その多くは間違いなく真実です。 たとえAppleのソフトウェア制御により、iOSデバイス上のマルウェアは実際には少なくなります。 詐欺アプリは時々すり抜けます。 このシステムは、iOS開発者にとって本当に多くのお金を生み出します。彼らの多くは、Appleの壁に囲まれた庭の外で競争することができませんでした。 デジタル配信への移行により、実店舗での小売を通じて製品を配信する必要がなくなった開発者にとって、実際にコストを節約できました。

しかし、ある意味では、それはすべて重要なことではありません。 市場支配力の乱用は、それが時々役立つという理由だけで許されるわけではなく、スタンダードオイルやベル電話のような古典的な独占にも多くの副次的な利益がありました。 より大きな問題は、裁判所がモバイルソフトウェアスタックに飛び込み、テクノロジー企業が市場を設定する方法の条件を決定し始める準備ができているかどうかです。 それは難しい質問であり、単一の判決または単一の訴訟によって解決されることはありません。 しかし、どういうわけか、それはこの裁判所が引き受けなければならない問題です。



Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment