Wyze Home Monitoring review: A tremendous value for the price

by tobiniumu
0 comment


Wyze Labs has adopted the old razor-and-blades business model to enter the home security market: It’s giving away its Wyze Home Monitoring starter kit to consumers who commit to one year of its professional monitoring service. As is its wont, however, Wyze is severely undercutting the competition on price: $60 buys the hardware and a full year of monitoring.

At $60 per year, Wyze’s professional monitoring will dispatch law enforcement if the security system goes into an alarm state. Monitoring is outsourced to the third-party service provider Noonlight, and it costs about half what Ring charges for its Ring Alarm DIY home security system (that’s on top of the $250 Ring charges for its starter kit). Ring outsources its professional monitoring, too; as you’ll see, however, Ring’s offering is more robust overall.

Since Wyze’s service plan includes full support for just one home security camera, it’s conceivable that Wyze’s service could end up costing just as much as Ring’s plan. That’s because Ring includes an unlimited number of cameras—including its video doorbells and floodlight cams—in its plan. You can add more than one camera to the Wyze system, but you’ll need to pay for a Cam Plus subscription for the second and each subsequent camera to unlock all of those cameras’ features.

This review is part of TechHive’s coverage of the best smart home systems, where you’ll find reviews of the competition’s offerings, plus a buyer’s guide to the features you should consider when shopping for this type of product.
Michael Brown / IDG

The Sense Hub is the heart of the Wyze Home Monitoring system and can connect to your network via Wi-Fi or ethernet cable.

Without a Cam Plus subscription, Wyze security cameras are limited to capturing just 12-second video clips, with a 5-minute cooldown between each recording, and you won’t get features such as person, package, and vehicle detection. You can see a comparison of the two service levels on Wyze’s website.

A Wyze Cam Plus subscription currently costs $14.99 per year ($1.25 per month) per camera, so in the unlikely event you decided to deploy eight more cameras, Wyze’s monitoring plan plus eight Cam Plus subscriptions would cost about the same as Ring’s service plan. Perhaps I should say in the impossible event you’ll want to deploy eight more Wyze cameras, because the system is currently limited to supporting five. That just one of several reasons why Ring’s system is more powerful. Lots of other features I asked Wyze about are on the Wyze Home Monitoring product roadmap—with some planned for deployment in 2021—but they’re not available in this first iteration of the system. I’ll go into more detail on that later.

wyze cam Michael Brown / IDG

The Wyze Cam V2 is not included in the bundle, but it’s a great value for $24, and a Wyze Home Monitoring subscription includes Cam Plus service.

What’s in the starter bundle?

The Wyze Home Monitoring Bundle includes a base station—the Wyze Sense Hub—that connects to your home network (via Wi-Fi or ethernet cable); a 15-button, backlit keypad you’ll use to arm and disarm the system; two contact sensors you can attach to doors and/or windows; a motion sensor; and a couple of decals you can slap on your window to warn potential intruders that your home is protected by a security system. Advertising which home security system is protecting your home, however, is bad idea, because a well-educated intruder will know how to exploit any of its weaknesses (and the Wyze system has a significant weakness that I’ll get into later).

Wyze’s battery-powered motion sensors (AAA), contact sensors (AAA), and keypad (AA) communicate with the Sense Hub using unlicensed sub-GHz radio spectrum, which endows them with excellent range: Wyze specifies 500 feet indoors or 152 meters in an open field. In the real world, the contact and motion sensors triggered everywhere I tried them in my 2,800-square-foot home.

The keypad and motion sensor can be mounted to the wall using either the adhesive pads attached to them or with the provided screws (drywall anchors are also provided). The small-but-chunky keypad comes with a backplate that you can attach to the wall, so you can detach the keypad and carry it with you. You can deploy more than one keypad in case you want to install one at the front door and one at the back. The motion sensor gives you the option of corner mounting, which will enhance its coverage.



Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment