ベリーズのジャングルに動物園を開いたシャロン・マトーラが66歳で死去

by tobiniumu
0 comment


シャロン・マトーラの人生は、1981年の夏、リチャード・フォスターというイギリスの映画製作者から電話を受けたときに変わりました。 彼女は最近、メキシコのサーカスでライオンの飼い主としての仕事を辞め、フロリダに戻って、真菌学の修士号またはきのこの研究を突っ込んでいました。

フォスター氏は野生動物に関する彼女のスキルを聞いていたので、中央アメリカのカリブ海側にある新しく独立した小さな国であるベリーズの自然ドキュメンタリーで彼と一緒に仕事をしたいと考えていました。内陸。

彼女は1981年の秋に到着しましたが、フォスター氏の映画のお金はすぐになくなりました。 彼はボルネオの別のプロジェクトに移り、マトラさんにジャガー、2匹のコンゴウインコ、10フィートのボアコンストリクター、その他17匹の飼いならされた動物を任せました。

「私は岐路に立っていました」 彼女は1995年にワシントンポストに語った。 「野生では自分たちの世話をすることができなかったので、私は動物を撃つか、世話をしなければなりませんでした。」

必死になって、彼女は木の板に「ベリーズ動物園」を描き、道路の脇に貼り付けました。 彼女は動物のための基本的な囲いを作り、近くのバーを含む全国で宣伝を始めました。そこで彼女は所有者に退屈な観光客を彼女の道に送るように頼みました。

ほぼ40年後、ベリーズ動物園はベリーズで最も人気のあるアトラクションであり、毎年地元の人々、外国人観光客、数万人の学童が集まり、ピートジャガー、サダムペッカリー、その他のマトラさんのネイティブの動物園を見ることができます。動物。

マトラさんは3月21日にベリーズのベルモパンで66歳で亡くなりました。 彼女の妹、マレーネ・ガライは、原因は心臓発作であると言いました。

マトラさんがベリーズのすべての子供たちに会った可能性は十分にあります。学校では毎年の議題に動物園への訪問が含まれているだけでなく、彼女はバックパックにボアコンストリクターを入れて教室に飛び込む習慣をつけました。常に歓迎。

彼女がベリーズ社会の定番となった過程で、すぐに政府とそのエレミヤの顧問となり、養子縁組国の自然の恵みに対する脅威であると彼女が考えた開発プロジェクトに挑戦しました。 彼女の活動はベリジアンの世代に影響を与え、その多くは政府や非営利セクターのリーダーになりました。

コリン・ヤングはかつて動物園でファイルを提出した多くの学童の1人でした。 現在、彼はカリビアンコミュニティ気候変動センターの事務局長です。

「シャロンはベリーズに大きな影響を与えた」と彼は電話インタビューで言った。 「子供と大人がベリーズの野生生物について今知っていることの多くは彼女に戻ってきます。」

シャロンローズマトラは1954年6月3日にボルチモアでエドワードとジャニス(シャトフ)マトラに生まれました。 彼女の父親はナショナルブリューイングのセールスマネージャーであり、母親はメリーランド州ロヨラ大学の管理アシスタントでした。

彼女は熱帯の国で動物園を経営することを夢見て育ちませんでしたが、彼女の人生の多くはまさにその役割のために彼女を準備しました。 少女の頃、彼女はワーム、カエル、蝶を追い求めて膝をこすり、爪を汚しました(ただし、猫に対するアレルギーが非常に高かったため、将来のジャガーへの愛情はあまりありませんでした)。

高校卒業後、彼女は空軍のサバイバル指導者として登録し、ジャングルの訓練のためにパナマに送られました。 彼女は熱帯地方と、ジャック・シュライアーという名前の空軍の歯科医に恋をしました。 彼らは1976年に結婚し、アイオワ州の彼の家族の農場に引っ越しました。

マトラさんはアイオワ大学でロシア語を学びましたが、すぐにフロリダ州サラソタに移り、そこでニューカレッジに入学し、専攻を生物学に切り替えました。 シュライアー氏との彼女の結婚は数年後に終わった。 彼女の妹に加えて、彼女は兄弟、スティーブンによって生き残っています。

大学とその後の大学院の費用を支払うために、マトラさんは最も奇妙な仕事をしました。サラソタのサーカス殿堂でライオンの飼い主助手、魚の分類学者、そして最終的にはメキシコでサーカスを旅するダンサーとライオンの飼いならしです。

彼女は同僚が好きでしたが、その仕事は危険でした—ライオンが彼女の胃を噛み、永久的な傷跡を残しました—。 しかし、彼女は別のグループに移された後、動物を虐待したと感じて辞めました。 彼女は途中でペットのクモザルをつかんだ。 彼女は彼をメキシコと米国の国境を越えて連れて行くことが許されないのではないかと心配し、彼女は密輸業者にお金を払って、頭を旅しているサルのリオグランデ川を渡るのを手伝った。 数ヶ月以内に、彼女はベリーズへの飛行機に乗っていました。

マトラさんは、予算のない動物園を経営するのに必要なシンプルな生活を自然に取り入れました。 彼女は、動物園のワニと共有している池で水浴びをしながら、敷地内の1部屋のわらぶき屋根の小屋で眠りました。 彼女のオフィスメイトはエンジェルという名前の3本足のジャガーでした。

動物園は最初は苦労しました。 マトラさんはわずかな入場料を請求し、費用を賄うために、隣のグアテマラにあるマヤ遺跡のティカルへの旅行に鶏を飼育し、観光客を連れて行きました。

1990年にベリーズの帰化市民になったマトラさんは、Tシャツ、カモフラージュパンツ、ジャングルブーツが最も快適でしたが、ベリーズシティで楽しい夜を過ごす必要がある場合は、簡単にカクテルドレスに身を包むことができました。 -手渡しと資金調達。 何年もの間、彼女は英国の高等弁務官と毎週テニスの約束をしていました。

彼女の動物園の評判が上がるにつれて、彼女もそうなりました。 アメリカの新聞や雑誌は、「ジャガーのジェーン・グドール」のプロフィールを掲載し始めました。 1986年、ピーターウィアー監督は、映画「モスキートコースト」のコンサルタントとして彼女を雇いました。 そのスターであるハリソン・フォードは、ミュージシャンのジミー・バフェットと同様に、後に動物園にお金を寄付しました。

1991年、70万ドルの予算と近くのイギリス陸軍基地の兵士の助けを借りて、彼女は30エーカーの敷地に新しい動物園を建設しました。 道路の向こう側に彼女は熱帯教育センターを開設し、そこから研究と保護プログラムを実施しました。

彼女の動物のいくつかは国民の有名人になりました。 4月にロサンゼルス動物園でバクが男性と「結婚」したとき、ベリーズの5つの新聞すべてが婚姻関係を取り上げました。 (結婚は、未完で、決してとられませんでした。)

マトラさんは、国の環境が危険にさらされていると思ったときに話しました。 2000年代初頭、彼女は 水力発電ダムに対するキャンペーン ベリーズ西部で計画されており、ジャングルの動物の生息地を破壊し、エネルギーコストを押し上げると彼女は述べた。

事件は最終的に英国の裁判所に持ち込まれ、天然資源防衛協議会などのグループから国際的な支持を得ました。 政府当局者は、マトラさんを侵入者として、そして一言で言えば「国家の敵」として非難しました。

ダムの開発者が訴訟に勝ったが、マトラさんは正しかった。今日、ベリーズのエネルギーコストは高く、ダム周辺は汚染されたままである。 この事件は、特にジャーナリストのブルース・バーコットが彼の著書で彼女について書いた後、彼女の賞と全米での講演への招待を獲得しました。コンゴウインコの最後の飛行:世界で最も美しい鳥を救うための一人の女性の戦い」(2008)。

マトラさんは2017年に、動物園での日常の役割から離れ、すべてのベリジアンのスタッフに責任を引き継ぐことを発表しました。 その時までに、彼女の腕は数え切れないほどの咬傷や引っかき傷による傷跡で刺青され、彼女の体はマラリアやラセンウジバエの発作によってすり減っていました。 その後間もなく、彼女は足の切り傷に敗血症を発症し、それが彼女を長期間入院させた。

それは問題ではないようでした。 彼女は他のどこにもなりたくなかった、と彼女はよく言いました、そして彼女は死ぬまで彼女が「地球上で最も幸せな人々の一人」であると主張しました。



Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment