ノキアG20とG10が大型バッテリーで発表され、AndroidGo搭載のノキアC20とC10が参加

by tobiniumu
0 comment


5G対応のXシリーズに加えて、HMDは4つのエントリーレベルのNokia電話も発表しました。2つのG電話は完全なAndroid 11を搭載し、2つのC電話はAndroid 11 GoEditionを搭載しています。 Gシリーズは2年間OSアップデートを受け取ることに注意することが重要です。

NokiaG20およびG10

どちらのモデルも非常に似ていますが、カメラに関心がある場合はNokiaG20が明らかにお気に入りです。 48MPのメインモジュールと5MPの超広角カメラ、さらに8MPの自撮りカメラ(背面にも2MPマクロと2MP深度ユニット)があります。 ZEISSオプティクスを除けば、これはより高価なX10電話とまったく同じセットアップです。


ノキアG10

Nokia G20およびG10は、2年間ソフトウェアアップデートを受け取ります

対照的に、 ノキアG10 より基本的なセットアップがあります–背面に13MPメイン(および2つの2MPモジュール)、今回はウルトラワイドではなく、8MPセルフィーカメラ。

G20は、パフォーマンスに関しては優遇されます。 それはによって供給されます MediaTek Helio G35 チップセット(8x A53 @ 2.3 GHz、GE8320 @ 680 MHz)。 常に4GBのRAMが付属し、ストレージは64GBまたは128GBです。 G10は、代わりにHelio G25(8x A53 @ 2.0 GHz、GE8320 @ 650 MHz)を搭載し、3 / 4GBのRAMと32 / 64GBのストレージを備えています。 どちらにも専用のmicroSDスロットがあり、どちらもAndroid11から始まります。

色のオプションを除いて、残りは同じです。 これには、720p +の解像度(20:9)の6.5インチLCDが含まれます。 Gシリーズには2年間のOSアップデートと、3年間の毎月のセキュリティパッチが適用されることに注意してください。

G10とG20には5,050mAhのバッテリーが搭載されており、これはこれまでのノキアの中で最大です。 これにより、通常のバッテリー寿命の約束が2日から3日に延長されます。 どちらの電話も10W充電器をサポートしており、バンドルされています。

Nokia G20
氷河のノキアG20
夜のノキアG20
ノキアG10
夕暮れのノキアG10
夜のノキアG10

Nokia G20(氷河と夜の色)•Nokia G10(夕暮れと夜)

つまり、少なくともHMDはUSB-Cポート(USB 2.0)を使用していました。 ここには、FMラジオ受信機付きの3.5mmヘッドフォンジャックもあります。 より現代的なワイヤレス技術には、LTECatが含まれます。 4、Wi-Fi b / g / nおよびBluetooth5.0。 側面には、指紋リーダーとGoogleアシスタントボタンがあります。 また、両方の電話の定格はIPX2(耐雨性)です。

ノキアG10は今月後半に140ユーロで利用可能になります。 5月に160ユーロで発売されるNokiaG20を差し控えたいと思うかもしれません。カメラを考えると、コストパフォーマンスに優れています(20ユーロで13MPから48MPになります)。

NokiaC10およびC20

HMDの再想像されたフィーチャーフォンクラシックがあなたにとって十分な能力を持っていないが、本格的なAndroidを必要としない場合、Cシリーズは一見の価値があります。 G-phoneのように、これら2つは非常に似ています。

どちらも解像度720p以上(20:9)の6.52インチLCDを備えています。 NokiaC10ディスプレイはPandaGlassで保護されており、400 nitの明るさ、70%のNTSCカバレッジを目標としています。

ノキアC20
ノキアC10

Nokia C20とC10は、Android 11 GoEdition電話のペアです。

2台の電話のカメラ設定はほぼ同じで、背面に5 MPモジュールが1つ、前面に5MPモジュールが1つあります。 C20は、その優れたチップセットのおかげでHDR処理を実行できます(ただし、あまり興奮しないでください)。

NokiaC20はUnisocSC9863a(28 nm、8x A55 @ 1.6 GHz、IMG8322)を搭載し、C10は元のC1で使用されていたのと同じチップであるUnisoc SC7331e(クアッドコア1.3 GHz)を搭載しています。

これらはAndroid11 Go Editionの電話であるため、1 GBのRAM(2 GBのオプション付き)で始まります。 ストレージも同様に制限されており、どちらも16GBまたは32GBです。 それが慰めであるならば、両方とも専用のmicroSDスロットを持っています。 HMDは、Cシリーズデュオの四半期ごとの更新を2年間約束しています。

ノキアC20
砂のノキアC20
ダークブルーのノキアC20
ノキアC10
灰色のノキアC10
ライトパープルのノキアC10

Nokia C20(サンドおよびダークブルー)•Nokia C10(グレーおよびライトパープル)

C10とC20には3,000mAhのバッテリーが搭載されており、microUSB経由で標準の5W充電が可能です。 はい、Gシリーズとは異なり、これら2つは2021年にmicroUSBをもたらします。少なくともHMDは、FMラジオ付きの3.5mmヘッドフォンジャックを維持していました。

Nokia C20は、Wi-Fi b / g / nとBluetooth4.2を備えた4G電話(カタログ4)です。 Nokia C10は、実際には3Gのみの接続に移行します。

Nokia C10とC20は間もなく発売され、どちらも100ユーロ未満で販売されます。これは、Nokia C20(今月後半に発売)で90ユーロ、C10(6月に発売)で75ユーロです。



Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment