Corsair Sabre RGBProチャンピオンシリーズゲーミングマウス-レビュー2021

by tobiniumu
0 comment


その機能セットに反する控えめなデザインを特徴とする、59.99ドルのCorsair Sabre RGBProチャンピオンシリーズはあなたの平均以上のものを提供します スポーツマウス。 見た目よりも軽く、強力なハンドサポートを提供し、クイックボタンコンボでDPI設定を微調整できます。 Sabre RGB Proの創造的なアイデアと確かなファンダメンタルズは、8000Hzのハイパーポーリングとその有効性に関する疑問にもかかわらず、注目に値するeスポーツマウスになっています。

セイバーガラガラ

マクロの意味では、Sabre RGB Proは、従来の有線の6ボタンゲーミングマウスです。 わずかに短い1.38x 2.72 x 5.03インチ(HWD)の寸法で、そのわかりにくいマットブラックのプラスチックシャーシと2つのRGB照明要素はまったく無地に見えます。 Sabre RGB Proには、典型的なボタン配列があります。スクロールホイール、2つのクリックパネル、中央の列にDPIサイクルがあります。 また、2つの大きな箱型のサイドボタンも備えています。

ただし、よく見ると、Sabre RGBProが平均的なeスポーツマウスよりも優れていることを示唆する繁栄が見られます。 まず、現在のDPI設定を表示するCorsairの3ハッシュインジケーターライトシステムを備えています。 インジケータライトは、Sabre RGBProのオンザフライのDPI調整でも機能します。 DPIサイクルボタンを押したまま戻るボタンまたは進むボタンを押すことで、マウスのトラッキングを比較的少量の50DPIだけ上げたり下げたりすることができます。 マウスを元のDPIレベルに戻すDPIリセットもあります。 マウスの速度を頻繁に調整するゲーマーの場合、この機能は役に立ちます。

Corsair Sabre RGBProサイドボタン

そして、形があります。 Sabre RGB Proのシャーシには、eスポーツ用に作られたマウスの兆候は見られません。 小さすぎず、手のサポートが不足している両手利きの形でもありません。 それどころか、セイバーRGBプロは長い間持ちやすいです。 それにもかかわらず、それはわずか2.43オンスの重さです。 多くのメーカーは、マウスを非常に小さくするか、単に人間工学に基づいた設計を偽造して、その軽量化を実現しています。

Sabre RGB Proの内部には、最大18,000 DPIで追跡し、最大450インチ/秒の精度を維持する強力なPixartPMW3392センサーが搭載されています。 これは、標準を超える大きなアップグレードではありません ゲーミングマウス、しかし、それは一般的な、かなり予算ではない価格帯で入力デバイスに期待する以上のものです。

ハイパーポーリングの誇大宣伝

それはまた、きびきびとなる他の方法を見つけます。 Sabre RGB Proは、最大8000Hzの「ハイパーポーリング」を備えており、0.125ミリ秒ごとにマウスの動きを報告します。 これは、ほとんどのゲーミングマウスよりも8倍高速です。 理論的には、可能な限り高いレポートレートを使用すると、知覚できないほど小さなラグインスタンスが削減され、カーソルの移動がより速くスムーズになります。

通常のマウスの1000Hzのポーリング速度とSabreRGB Proの8000Hzのポーリング速度の差は非常に小さいため、改善を感じるのは困難です。 と同じように Razer Viper 8K、私が8000Hzポーリングでテストした唯一の他のマウスでは、ハイパーポーリングによってカーソルの動きが少しスムーズに感じられるようです。 言うのが難しい。 8000Hzのアップグレードが大きな違いを生んだように感じた瞬間はありませんでした。

コルセアセイバーRGBプロアングル左

一方、より高いレポートにはいくつかの注意点があります。 Sabre RGB Proの8000Hzレポートは、標準の1000Hzレポートよりも多くの処理能力を必要とするため、この機能は、適切に機能するために達成可能ですが、重要ではありません。

Corsairは、Sabre RGBProを少なくともAMDRyzen 72700シリーズまたはIntelCore i79700シリーズとペアリングすることをお勧めします CPU 8000Hzポーリングを使用します。 同社はまた、4000Hzポーリングを使用するためにAMD Ryzen 52500シリーズまたはIntelCore i59400シリーズCPUを推奨しています。 明確にするために、マウスはどのシステムでも機能しますが、より強力でないプロセッサでハイパーポーリングを使用すると、PCの全体的なパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

Corsair Sabre RGBProのトップボタン

これらの要件を考えると、2000HzまでのハイパーポーリングがMacで機能しないと聞いても驚くことではないかもしれません。 Corsairは、MacOS向けの構成ソフトウェアを含め、Macを完全にサポートする数少ない主要なゲーム周辺機器メーカーの1つであるため、これは残念なことです。

Corsairには他に推奨される仕様はありませんが、要件はCPUを超えています。 高フレームレートでハイパーポーリングの効果を確認および感じる可能性が高くなります PCゲーム、 つまり、最新のPCが必要です。 GPU と高リフレッシュレート ゲーミングモニター。 PCゲーマーは通常、その法案に適合するリグを持っていますが、ハイパーポーリングの使用には多くのことが関わっています。 そして、そのメリットが具体的でも保証されていないことを考えると、面倒な価値があるとは思いません。

Corsair iCUEDPI設定

救助へのiCue

チャンピオンシリーズの周辺機器と一緒に発売されたCorsairは、視覚的に再考されたバージョンのiCue構成ソフトウェアをリリースしました。 すでに最高のPC周辺機器構成アプリの1つである、新しいiCueは、より大きなマウスマップの視覚化を特徴とする大胆なプレゼンテーションのおかげで、見た目も使い心地もさらに良くなっています。 画面の下3分の1のワークフローは、Sabre RGB Proのボタンに割り当てるカスタム入力を作成できるため、明確で直感的です。 長年のCorsairユーザーは、改良されたアプリに頭を包むのに1分かかるかもしれませんが、調整するのにそれほど時間はかからないはずです。

特にSabreRGB Proに関して、iCueに関する私の唯一の欠点は、ハイパーポーリングシステム要件との関係です。 8000Hzポーリングを選択すると、iCueは「ハイエンドシステム」が必要であると述べます [sic]、ただし、追加の詳細は提供しません。 私が会社に連絡したとき、Corsairは特定の推奨仕様を提供しました。

Corsairは、メッセージを変更し、2000Hzおよび4000Hz設定のポップアップを追加すると述べましたが、新しいバージョンには特定のシステム推奨事項は含まれないと述べました。 これらの設定が本当により多くの電力を必要とする場合、そしてこのレビューのためにCorsairとViper 8KについてRazerと話す間、メーカーはその機能の必要な推奨仕様について完全に透過的である必要があります。

コルセアセイバーRGBプロベース

握る価値のある剣

Sabre RGB Proチャンピオンシリーズは基本的に見えますが、便利でeスポーツに適した機能が含まれています。 Sabre RGB Proの価格は59.99ドルで、通常のeスポーツマウスよりも少し高くなりますが、その強力なセンサー、快適な形状、独創的なDPI調整機能により、輝きを放ちます。 ハイパーポーリングに興味がない場合でも、購入する価値があります。

あなたが少し安いeスポーツマウスを探しているなら、優れたものをチェックしてください HyperXパルスファイアヘイスト。 このエディターズチョイスピックは、素晴らしいセナーとスタイリッシュなハニカムデザインが特徴です。



Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment