何人かの人々が一度に何ヶ月も、何年も空港に住むことになる方法

by tobiniumu
0 comment


編集者注—この解説で表現されている見解は、執筆者の見解のみです。 CNNはの仕事を紹介しています 会話、ニュース分析と解説を提供するためのジャーナリストと学者の間のコラボレーション。 コンテンツはTheConversationによってのみ作成されています。
(CNN)— 1月、地方当局はAdityaSinghという名前の36歳の男性を逮捕しました。 彼がシカゴのオヘア国際空港に3ヶ月住んでいた後。 10月以来、彼は空港の安全な側に滞在し、見知らぬ人の親切に食べ物を買ってもらい、ターミナルで寝て、多くのバスルーム設備を使用していました。 ジグが上がったのは、空港の従業員が自分のIDを確認するように依頼するまではありませんでした。

しかし、シンは長期滞在を最初にやめたわけではありません。 空港の歴史を20年以上研究した後、私は何週間、何ヶ月、時には何年もターミナルに住むことに成功した個人についての話に出くわしました。

興味深いことに、しかし、空港に住んでいることに気付いた人のすべてが自分の意志でそうしているわけではありません。

群衆に溶け込む

「空港都市」のようなビデオゲームであろうと、「空港都市主義」のようなトピックに関する奨学金であろうと、空港は「ミニ都市」のようなものであるという言い回しをよく目にします。 このアイデアがどのように生まれているかがわかります。結局のところ、空港には礼拝所、警察、ホテル、高級レストラン、ショッピング、大量輸送機関があります。

しかし、空港が都市である場合、「都市」を運営している人々は、実際にそこに住む人がいないことを好むという点で、かなり奇妙な空港です。

それにもかかわらず、空港は生き残るために必要な基本的な設備の多くを提供しているので、空港に住むことは可能です:食物、水、浴室と避難所。 また、空港の運営は必ずしも24時間年中無休で行われるとは限りませんが、空港ターミナルは朝早くから営業し、深夜まで営業していることがよくあります。

施設の多くは非常に大きいため、オヘアの男性など、滞在することを決意した施設は、かなり長い間検出を回避する方法を見つけることができます。

空港居住者になる可能性のある人が検出を回避する方法の1つは、単に群衆に溶け込むことです。 パンデミックが発生する前は、米国の空港は特定の日に150万から250万人の乗客を処理していました。

パンデミックが発生すると、その数は劇的に減少し、2020年春の危機の初期の数週間で10万人を下回りました。特に、オヘアに3か月強住んでいた男性が2020年10月中旬に乗客として到着しました。数はリバウンドを経験していました。 彼は2021年1月下旬にのみ発見され、逮捕されました。休暇旅行のピーク後、コロナウイルスの復活中に乗客数が大幅に減少したときです。

辺獄に住んでいる

ターミナルで寝ている人のすべてが必ずしもそこにいたいとは限りません。

飛行機で十分に旅行すると、いつかは、不本意な短期空港居住者のカテゴリーに入る可能性があります。

空港に一晩滞在する必要のあるフライトを予約する人もいれば、乗り継ぎの失敗、フライトのキャンセル、悪天候のために空港で立ち往生している人もいます。 これらの状況では、空港に1日か2日以上滞在することはめったにありません。

2020年3月10日、東京羽田空港の出発ホールの上にあるレストランの外で人が眠る。-新しいコロナウイルスによるCOVID-19病による死亡者数は、4,000人近くに上り、100か国以上で11万人以上の症例が記録されている。 12月に中国の羽田で流行が発生した。 それは世界的な旅行を混乱させ、会議やスポーツイベントをキャンセルしました。  (Philip FONG / AFPによる写真)(ゲッティイメージズ経由のPHILIP FONG / AFPによる写真)

2020年3月に東京の羽田空港の出発ホールで誰かが休憩します。

ゲッティイメージズ経由のフィリップフォン/ AFP

それから、無意識のうちに長期の無期限の滞在に自分自身を見つける人々がいます。 おそらく最も有名な非自発的な長期空港居住者は、トム・ハンクス主演の映画「ターミナル」に影響を与えたと伝えられているマーハン・カリミ・ナッセリ(この物語の上部に描かれている)でした。

イラン難民のナッセリは、1988年に難民の地位を証明する書類を紛失したときに、ベルギーとフランスを経由してイギリスに向かう途中でした。 彼の書類がなければ、彼はイギリス行きの飛行機に乗ることができなかった。 また、彼はパリ空港を出てフランスに入ることも許可されていませんでした。 彼の事件がイギリス、フランス、ベルギーの当局者の間で行き来したとき、彼はすぐに国際的なホットポテトになりました。 ある時点で、フランス当局は彼がフランスに居住することを許可することを申し出たが、ナッセリは彼が元の目的地であるイギリスに行きたかったので、申し出を断った。 そして彼はシャルル・ド・ゴール空港に18年近く滞在しました。 彼の健康状態の低下が入院を必要とした2006年にのみ彼は去った。

その他の長期空港居住者には以下が含まれます エドワード・スノーデン、亡命を受ける前に2013年にロシアの空港で1か月以上過ごしたNSA漏洩者。 そして、の物語があります サンジェイシャー。 シャーは2004年5月に英国の海外市民パスポートで英国に旅行しました。 しかし、入国管理局は、彼がイギリスに移住するつもりであることが明らかになったとき、彼のタイプのパスポートが許可した数ヶ月だけそこに滞在するのではなく、彼の入国を拒否しました。 ケニアに送り返され、シャーはすでにケニアの市民権を放棄していたため、空港を離れることを恐れていました。 英国当局が彼に完全な市民権を与えたとき、彼はついに1年余りの空港居住の後に去ることができました。
最近では、コロナウイルスのパンデミックにより、新しい長期の非自発的な空港居住者が生まれました。 たとえば、 ロマン・トロフィモフ 2020年3月20日にバンコクから飛行機でマニラ国際空港に到着しました。彼の到着時までに、フィリピン当局はCovid-19の拡散を制限するための入国ビザの発行を停止していました。 トロフィモフは、エストニア大使館の職員が最終的に帰国便の座席を確保できるようになるまで、マニラ空港で100日以上過ごしました。
2013年7月12日、ある男性がモスクワのシェレメーチエヴォ国際空港でロシアの主要な権利活動家や弁護士との今日の会議中に、米国国家安全保障局(NSA)の逃亡者であるエドワードスノーデン(C)の写真を表示するコンピューター画面を見ています。過去3週間輸送中に立ち往生しています。 スノーデンは本日、モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港での非公開の会合で、ロシアの権利活動家、弁護士、その他の人物と会った。  AFP PHOTO / STR(写真クレジットは-/ AFP via Getty Imagesを読む必要があります)

2013年6月から8月にかけて、米国国家安全保障局の逃亡者であるエドワードスノーデン(中央)がモスクワのシェレメーチエヴォ国際空港で輸送中に立ち往生しました。

ゲッティイメージズ経由のAFP

ホームレスは避難所を見つける

ほとんどの非自発的な空港居住者は彼らの仮設住宅を離れることを切望していますが、空港を彼らの長期的な住居にすることを自発的に試みた人もいます。 米国とヨーロッパの両方の主要空港は、長い間、ほとんど非公式ではありますが、ホームレスの避難所として機能してきました。

米国ではホームレスとホームレスの歴史は長いが、多くのアナリストは1980年代をその歴史の重要なターニングポイントと見なしている。連邦予算の削減、精神障害者の脱施設化、ジェントリフィケーションなどの多くの要因が急激な変化につながったからである。ホームレスの数の増加。 米国の空港でのホームレスの生活についての最も初期の話を見つけることができるのは、その10年のことです。

たとえば、1986年にシカゴトリビューンは フレッド・ディルスナー、シカゴのオヘアに1年間住んでいた44歳の元会計士。 記事によると、ホームレスの人々は、簡単で安価なアクセスを提供するシカゴ交通局の列車のリンクが完成した後、1984年に空港に最初に現れ始めました。 同紙は、空港には30〜50人が住んでいると報じたが、冬の天候が始まると、その数は200人に達すると当局は予想している。

コロナウイルスのパンデミックは、空港の住人のこのグループに追加の公衆衛生上の懸念を追加しました。

ほとんどの場合、空港当局はこれらの自発的な居住者に援助を提供しようとしました。 たとえば、ロサンゼルス国際空港では、当局が危機介入チームを配置して、ホームレスを住宅やその他のサービスに接続するように取り組んでいます。 しかし、ほとんどの空港職員が、空港がホームレスシェルターとして機能しなくなったソリューションを好むことも明らかです。

上の画像:2004年の写真は、マーハン・カリミ・ナッセリが18年近く住んでいたシャルル・ド・ゴール空港でモニターをチェックしているところを示しています。 (ゲッティイメージズ経由のStephane de Sakutin / AFPによる写真)。

Janet Bednarekは、デイトン大学の歴史学教授です。



Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment