米国とカナダは、別のアジアの「殺人スズメバチ」シーズンに向けて準備を進めています| 環境ニュース

by tobiniumu
0 comment


カナダ、モントリオール- その「殺人スズメバチ」というモニカは国際的な注目を集めていますが、Paul van Westendorpは、アジアの巨大なスズメバチをホッキョクグマと比較することを好みます。

「ホッキョクグマは非常に激しく、その環境では危険ですが、あなたと私がホッキョクグマに遭遇する可能性はかなり低いです」と彼はカナダのブリティッシュコロンビア州からの電話インタビューでアルジャジーラに語った。 「それはこの特定のスズメバチと同じです。」

また、ホッキョクグマのように、BC州政府の州の養蜂家であるVan Westendorpは、スズメバチは食物連鎖の頂点に立つ頂点捕食者であると述べました。

「彼らは挽き肉であり、挽き肉を持っています。巣が乱されるとすぐに、非常に強力な防御機構を持ちます」とヴァン・ウェステンドルプは言いました。 「彼らは非常に早く出てきて、あなたが警告を受けてそこから出ることを確認したいと思っています。」

現在、今年のスズメバチの季節は冬眠から抜け出す種でゆっくりと始まります。米国とカナダの科学者やその他の専門家は、スズメバチに目を光らせ、目撃情報を当局に警告するよう人々に促しています。

米国北西部と紀元前

オオスズメバチ–正式にはベスパマンダリニアと呼ばれ、この種は在来種です 東アジアへ –米国とカナダで最初に懸念を引き起こした 2019年、最初の標本が両国で報告されたとき。

その年、 死んだスズメバチ カナダとの国境に近いワシントン州の小さなコミュニティであるブレインの不動産で発見されましたが、他の人々はブリティッシュコロンビア州ナナイモ周辺で発見されました。

オオスズメバチは通常、長さが1インチ半で、黄色とオレンジが混ざった大きな頭が特徴です。 米国当局 前記 その刺傷はミツバチやハチよりもはるかに危険であり、一部の人間では「激しい痛み、腫れ、壊死、そしてまれに死さえも」引き起こす可能性があります。

ワシントン州当局によると、それらは家畜や他の昆虫、そしてすでに減少している数に直面していて、スズメバチが「貪欲な食欲を持っている」ミツバチにリスクをもたらす可能性があります。 「オオスズメバチの小さなグループは、数時間のうちにミツバチの巣全体を殺すことができます」とワシントン州農業局(WSDA) 前記

そのため、専門家は、北米原産ではない侵入種を根絶することが重要であると述べています。

米国とカナダで最初のオオスズメバチが2019年に発見されました [Karla Salp/Washington State Department of Agriculture/Handout via Reuters]

最初の米国の巣

昨年の10月、ワシントン州農業局(WSDA)の昆虫学者 アメリカ初のオオスズメバチの巣を発見、ブレインの町でも。

当局は、地面から約10フィート(3メートル)離れた木の空洞で見つかった数十羽のスズメバチが巣に出入りするのを目撃したと述べた。 専門家は、その地域に閉じ込められていた3つのスズメバチに無線追跡装置を取り付けることに成功し、1つはそれらを巣に戻しました。

発見の翌日、当局は 掃除機をかけた98ホーネッツ 巣から。 彼らは後に、巣の発達のさまざまな段階で500の生きた標本を見つけたとAP通信社が報じた。

WSDAの昆虫学者を管理するSvenSpichigerは先月の記者会見で、アジアの巨大なスズメバチを追跡するための州の取り組みの一環として、昨年ワシントン州全体で1,200人以上が自家製の罠をかけたと述べた。

今年、スピチガー氏は、WSDAは、対象地域の1平方キロメートルごとに1つのトラップ、つまり合計で約1,500のトラップを設置することを望んでいると述べました。 人々はオレンジジュースとライスワインの混合物、または水とブラウンシュガーの別の混合物を餌として使用することができます-そして彼らは7月からスズメバチを捕獲する可能性が最も高いと彼は付け加えました。

ワシントン州農業局の昆虫学者を管理するSvenSpichigerは、2020年10月24日にブレインの巣から掃除機をかけたオオスズメバチのキャニスターを展示します。 [Elaine Thompson/AP Photo]

「私にとって、罠を掛けることは実際にあなたを保護します。 それはあなたにその地域に何かがあることをあなたに知らせます、そしてそれはあなたがそれから呼ぶことができるような方法でそれを含んでいます [the authorities] そして、私たちはそれについて何かをすることができます」とスピチガーは先月記者団に語った。

危険なのは、スズメバチが周りにいて、うっかり近づきすぎていることを知らないことだと彼は言った。 「芝刈り機が少し近づきすぎて、何が起こっているのかさえわからないうちに圧倒されてしまいます。それが私にとって本当の危険です。」

協調的な取り組み

米国とカナダの当局者は彼らが言った 一緒に働くことを計画する 今年はスズメバチを収容します。

カナダでは、ブリティッシュコロンビア州南西部のフレーザーバレーで6つのアジアの巨大なスズメバチの標本が発見され、巣は 破壊されました 2019年9月にナナイモで。

ヴァン・ウェステンドルプ氏によると、春先に人々が目にする可能性のあるオオスズメバチは、昨年秋に生まれて交尾し、一人で越冬し、天候が温暖なために出現しているオオスズメバチだけだという。 それらの女王は自分で巣を始めようとします。

女王の子孫、つまりサイズが小さい女性労働者のスズメバチは、彼女がより大きな巣を作るのに役立つと彼は説明しました。このプロセスは夏まで続きます。 夏の終わりに、ホーネッツはミツバチを捕食し始めます。

ヴァンウェステンドルプ氏は、専門家は種の探索においてフレイザーバレー地域と、2020年に目撃情報が報告されなかったバンクーバー島に焦点を当てると述べた。今年の終わりには、バンクーバー島にオオスズメバチがいないと宣言することができます」と彼は言いました。

しかし、Van Westendorpは、それに出くわす可能性のある人に、「英雄的であってはならない」というメッセージを持っていました。

スズメバチの写真を撮り、当局に連絡する、と彼は言った。「あなたが何をしているのかわからない場合、彼らは深刻な危険をもたらす可能性がある…私たちはそれが起こらないようにしたい」。





Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment