南シナ海の争われている島のために計画されたデジタル人民元キャンペーン

by tobiniumu
0 comment



中国南部の海南省は、三沙市を管理しています。 係争中の群島 南シナ海では、島の住民の間でデジタル人民元の使用を促進するために、今月後半に2週間のキャンペーンを実行します。

2012年に設立されたこの都市は、 紛争 南シナ海の領土主張を超えて 珍しい 人口で中華人民共和国で最小の都市であり、地理的範囲で最大の都市であるという点で、正式には 含む 280を超える島々とその周辺の海域は、約800,000平方マイルの海と陸の面積に達します。

4月12日から4月25日まで、中国工商銀行の海南支店は、中国中央銀行の海口支店および三沙市政府とともに、 予定 今後のデジタル通貨の消費者の採用を促進するために、テーマ別のデジタル人民元消費パレードを主催する。

公式報告によると、このイベントは、市の管理職が置かれている永興島が「デジタル人民元の消費者島」に一時的に変貌したことを告げるものです。 プロモーションキャンペーンは、三沙市の政府職員、地元の企業従業員、その他の機関、島の住民を対象としています。

産業商業銀行の海南支店(ICBC海南)は、島のスーパーマーケット、ホテル、レストラン全体でさまざまな消費オファーをサポートし、参加者は100元相当の支出ごとに99元割引($ 15)を受け取ります。

ICBC海南の商人およびモバイルバンキングのインフラストラクチャは、デジタル人民元のウォレットとともに実装され、新しい通貨の安全性と利便性を示し、国民の意識を高めます。 一般向けの簡単な概要で、中国の公式メディアレポートは次のように説明しています。

「デジタル人民元は、現金人民元と単純に同等である可能性がありますが、形式が異なり、法的補償と制御可能な匿名性の特徴があります。」

以前に報告されたように、中国はすでに最近のものを含む一連のデジタル人民元プロモーションイベントを開催しています 国際女性の日と併せて そして 中国の旧正月のためのお祝いの宝くじ。 ついさっき 中央銀行のデジタル通貨をテストするパイロット そのインフラストラクチャは、深セン、蘇州、雄安、成都の各州で開催され、さらにテストが行​​われました。 上海、海南、長沙、青島、大連、西安 2021年に設定。