YCが支援するAbacumは、リアルタイムのデータとコラボレーションツールで財務チームに力を与えるために700万ドルを稼ぎます– TechCrunch

by tobiniumu
0 comment


リアルタイムデータとネイティブコラボレーションで中堅企業の財務計画をサポートするSaaSは、太陽の下で最もセクシーなスタートアップピッチではありませんが、迅速にネット化されます。 本日発表されている700万ドルのシードラウンドをリードしているCreandumを含む多くの注目すべき支持者。

ラウンドに参加している既存の投資家の名簿は、Y Combinator(Abacumは最新のバッチの一部でした)、PROFounders、K-Fund、およびJustin Kan(AtriumとTwitchの共同創設者兼CEO)などのエンジェル投資家です。 Maximilian Tayenthal(N26共同創設者兼共同CEO兼CFO); Thomas Lehrman(GLGの共同創設者兼元CEO)、Avi Meir(TravelPerkの共同創設者兼CEO)。 さらに、Jenny Bloom(ZapierCFOおよびMailchimpex-CFO)とMike Asher(Neo4jのCFO)。

Abacumは、製品開発を支援するための約1年の「徹底的な調査」の後、昨年COVID-19グローバルロックダウンの最中に設立されました。 彼らは2020年6月にSaaSを開始しました。この初期段階では顧客数を開示していませんが、最初のクライアントには、Typeform、Cabify、Ebury、Gartenなどの米国およびヨーロッパのさまざまなスケールアップ企業が含まれます。 、ジェフとトーカブル。

スタートアップのスペインの共同創設者である投資銀行のバックグラウンドを持つフィンテック起業家のJulioMartinezと、欧州宇宙機関のエンジニアがCFO / COOに転向したホルヘ・リュックは、中堅金融チームが実際に提供する専用ソフトウェアを構築する機会を見つけました。他のビジネスユニットが使用する主要なソフトウェアプラットフォームにプラグインするネイティブコラボレーティブを介したデータへの時間アクセス。リアルタイムデータへのアクセスの欠如の痛みと、財務機能に関する独自の専門的経験におけるコラボレーションの障壁を感じていました。

Abacumのアイデアは、財務チームがモデルを手動で更新する必要性を置き換えることです。 SaaSは、HR、CRM、ERPなどの機能を扱うチームが使用するソフトウェアとの直接統合を通じてリアルタイムデータを提供して更新を自動的に実行します。これにより、財務機能はビジネス全体でより簡単に連携し、戦略的意思決定能力。

対象となる中堅企業へのスタートアップの売り込みは多層的である。 Abacumによると、SaaSは財務チームの時間を節約し、より迅速な意思決定を可能にします。

「Abacumを使用する前は、クライアントの財務アナリストは、さまざまなシステムからファイルをダウンロードしたり、大量のスプレッドシートにコピーして貼り付けたり(頻繁にクラッシュする)、手動で追加してデータをフォーマットしたりするなどの手動タスクに、時間の50%から70%を簡単に費やしていました。行、列、フォーマットを削除し、手動エラーが発生しやすいモデル(vlookupやsumifなど)のデータを接続します」とMartinezはTechCrunchに語っています。 「Abacumを使用すると、この手動部分全体が自動的に実行され、財務の専門家はビジネスの分析と真の価値の追加に時間を費やすことができます。」

「私たちは、Abacum以前には不可能だったより迅速な意思決定を可能にします。 たとえば、一部のクライアントは、関連する手動タスクが非常に面倒だったという理由だけで、四半期ごとにコホート分析を更新していました。 私たちと一緒に、彼らは毎週分析を更新し、結果としてより良い決定を下すことができます。」

SaaSは、別の方法でも意思決定をサポートします。ビジネスデータに機械学習を適用して将来のパフォーマンスの見積もりを生成し、財務チームが仮定を通知するために使用できる履歴データに基づいてAIベースの参照ポイントを提供します。

また、ビジネス間のコラボレーションを支援し、ユーザーが「ワークフローと権限を通じて簡単に」情報を共有および収集できるようにします。 「これにより、より多くの利害関係者がプロセスに参加するため、より迅速で豊富な意思決定が可能になることがわかります」と彼は付け加えます。

マルティネス氏によると、Abacumは、市場の小規模(および大規模)エンドと比較して「より多くの課題と非効率性」に直面しているため、中規模の財務チームに焦点を当てることを選択しました。 「そのセグメントでは、財務機能は十分に投資されていません。非常に差し迫った規模の企業の深刻な複雑さに直面していますが、同時にサポート機能、バックオフィスと見なされています」と彼は主張します。

「Abacumは財務を戦略的機能にします。財務チームが希望する信頼できるビジネスパートナーになるように、財務チームにネイティブコラボレーションを提供します。 また、パンデミックにより、財務チームが効果的にコラボレーションし、リモートで作業する必要性が高まっていることもわかりました」と彼は付け加えています。

彼はまた、ミッドマーケットセグメントを「かなり浸透していない」と説明し、多くの企業がまだ解決策を持っていないと主張しています。

スペース内の他のプレーヤーについて尋ねられたときに彼が指摘する競合他社は、デジタル用語では長い間、Adaptive Insights(2003); ホスト分析(2001); およびAnaplan(2008)。

声明のシードラウンドについてコメントし、 Peter Specht、作成のプリンシパルが追加されました:「多くの企業の財務計画プロセスは混乱の危機に瀕しており、より多くの自動化が求められています。 Abacumの洗練されたソリューションにより、財務チームは、リアルタイムデータへのアクセスにより、より協調的で効率的で、より多くの情報を得ることができます。 私たちは、彼らのユーザーフレンドリーな製品、優秀な人材の最初の採用、そして非常に強力な創設者と、問題を直接経験したCFOや起業家などの幅広い運用経験に感銘を受けました。 私たちは、グローバルな中小企業が金融業務を新しいレベルに引き上げる力を与えるというAbacumの旅に参加できることを嬉しく思います。」

マルチネス氏によると、アバカムのシードファイナンスは製品開発と成長に注ぎ込まれ、今のところ米国とヨーロッパのファイナンスチームを呼び込むことに焦点を当てているとのことです。



Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment