ジェイミー・ダイモンはアメリカの繁栄の未来に警鐘を鳴らします

by tobiniumu
0 comment


「残念ながら、この1年間の悲劇は氷山の一角に過ぎません。何十年にもわたって存在し、アメリカに深刻な被害をもたらしてきた巨大な失敗を露呈しているだけです」とダイモンは書いています。致命的なパンデミック。

「いずれの場合も、アメリカの力と回復力は、特に主要な国際的競争相手との関係において、世界における私たちの立場を強化した」とダイモン氏は述べた。 「今回は違うかもしれません。」

言い換えれば、アメリカのライバル、特に中国は、この瞬間を利用して追いつくことができます。

問題がなくなると思い込まないでください

CNN Businessとの電話インタビューで、ダイモンは国にこの瞬間を真剣に受け止めるよう促した。

「私たちは岐路に立っているのか?わからないが、私はそれを一つのように扱うだろう」と彼は言った。 「人生におけるより良い戦略は、それがなくなると仮定するのではなく、それがそうであると仮定してそれを修正することです。」

ダイモンは、最初のステップはアメリカが深刻な問題を抱えていることを認めることであると示唆した。

「ビジネスにおいてさえ、あなたが問題を抱えていることに気づかなければ、あなたは物事を直さない」とダイモンはCNNビジネスに語った。 「私たちは素晴らしい仕事をすることができる立場にあります。あるいは、ただ混乱し続けると、私たちは皆、お互いを非難するでしょう。」

アメリカを軌道に戻す方法のロードマップを含むダイモンの手紙は、ビジネスリーダーが次のような主要な問題について道徳的なリーダーシップを発揮するよう圧力に直面しているときに届きます。 気候変動 そして 議決権 不平等に。
エンゲージする企業アメリカの意欲 ジョージア州の物議を醸す投票法 上院の少数派指導者ミッチ・マコーネルを 影響を警告する そしてドナルド・トランプ前大統領が 主要なアメリカのブランドのボイコット、JPモルガンを含む。

「壊れたポリシー」

ダイモンは株主の手紙の中で、パンデミック、人種不安、中国の台頭、2020年の大統領選挙の分裂など、さまざまな出来事からアメリカが「明らかに多くのストレスと緊張にさらされている」と述べ、国会議事堂の嵐で最高潮に達した。そして私たちの民主主義を崩壊させる試み。」

ザ・ JPモルガン ((JPM CEOは、中国は、テクノロジー、インフラストラクチャ、教育の分野で地位を失いつつあるアメリカと、「政治によって引き裂かれ、機能不全に陥った」国、人種と所得の不平等、そして目標を達成するための首尾一貫した方法で政府の政策を調整できない国を見ていると書いた。

「残念ながら、最近、これには多くの真実があります」とダイモンは言いました。 「おそらく、ソビエト連邦の崩壊によって証明された、世界の比較的平和と世界的な支配の地位を享受したとき、私たちは20世紀の最後の20年間に誤った安心感と自己満足に落ち着きました。」

ダイモンは、アメリカの問題の多くは自傷行為であり、極端な二極化と「破られた政策」の結果であると示唆した。

「政治はますます分裂し、政府はますます機能不全になり、単に機能しない多くの政策につながっている」とダイモンは書いた。 「欠点は不平等です。そしてその原因は私たちを正面から見つめています。私たち自身が私たちの違いや自己利益を超えて、より大きな利益のために行動することに失敗したことです。」

JPMorganのCEOであるJamieDimonは、年次株主の手紙の中で、政府の機能不全がアメリカの経済を減速させていると書いています。  「これらの問題を全体的に見ることは困難であり、それらが偉大なアメリカの経済エンジンに重大な悪影響を及ぼしていると結論付けることはできません。」 彼は言った。

ダイモン:この景気循環は2023年に突入する可能性があります

幸いなことに、ダイモンはこれらの問題は修正可能であると考えており、パンデミックからの景気回復に前向きです。

「過剰な貯蓄、新たな刺激策の貯蓄、巨額の赤字支出、より多くの量的緩和を伴うことは疑いの余地がありません。 [quantitative easing]、新しい潜在的なインフラストラクチャ法案、パンデミックの終わり頃のワクチンと多幸感の成功により、米国経済はブームになる可能性が高い」とダイモン氏は述べた。

米国経済は1984年以来最も速いペースで成長しています

前回CNNBusinessから、米国経済についてこれほど楽観的だと感じたのはいつかと尋ねられたダイモン氏は、「長くはない」と述べた。

「状況はかなり良いですが、まだ取り残されている人もいます。そして、私たちはCOVIDから出てきています、神に感謝します」と彼は言いました。

来たるべき景気ブームは「最終的にはすべての人にとって良いことだ」とダイモン氏は語った。

機能不全は経済を減速させています

ダイモンの手紙によると、これらの問題には、国の教育システムの不平等、費用のかかる訴訟および規制システム、「ひどい」インフラ計画、無駄な支出、効果のない移民政策、「不十分に設計された」社会的セーフティネットが含まれます。

「これらの問題を全体的に見て、それらが偉大なアメリカの経済エンジンに重大な悪影響を及ぼしていると結論付けるのは難しい」とダイモン氏は述べ、「機能不全」は簡単に国の1%の足かせになる可能性があると付け加えた。経済成長率。

'私は完全に魅了されました。' 億万長者はアジア系アメリカ人への攻撃の後に発言します

ダイモンは、短期的な思考、経済モデルへの過度の依存、メディアの誇大宣伝、党派政治など、アメリカの問題の根本原因として彼が見ている一連のことを説明しました。

「私たちの問題は複雑で苛立たしいものですが、ハードワークで修正できます」とダイモンは書いています。

彼は、低スキルの仕事のための賃金の改善、仕事のための訓練、犯罪歴のある人が仕事を得やすくすること、より良い財政および税務政策、社会的セーフティネットプログラムの改革、レビューを含む、リーダーが焦点を当てるべき15の政策を提示しました規制のレッドテープ、インフラの近代化、インテリジェントな産業政策、適切な移民政策。

「私たちは成功するための神聖な権利を持っていません」

結局、ダイモンは、健全な経済成長は、所得の伸びが鈍く、債務が急増しているという「現在の状況から抜け出す唯一の方法かもしれない」と主張した。

JPMorganによると、米国経済が10年間で2%ではなく3%で成長した場合、10年の終わりまでに2.3兆ドルの追加GDPにつながり、世帯収入の平均増加は約18,000ドルになります。 。

「3%の成長率は私たちが以前持っていたものです—そしてそれは再び達成可能です」と彼は書いています。

ダイモンは、手遅れになる前に、アメリカに袖をまくり上げて無数の問題に対処するように促しました。

「私はアメリカ合衆国とその並外れた弾力性と能力に深く根強い信念を持っていますが、私たちには成功への神聖な権利がありません」と彼は書いています。 「私たちの課題は重要であり、彼らが自分たちの面倒を見ると想定すべきではありません。」



Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment