Reolink Argus 3Pro-レビュー2021

by tobiniumu
0 comment


Reolink Argus 3 Pro($ 109.99)はリーズナブルな価格です 屋外防犯カメラ 2Kビデオ、インテリジェントモーション検出、デュアルバンドWi-Fi、AlexaとGoogleアシスタントの音声コマンドのサポートなどの機能が搭載されています。 テストで優れた昼間および夜間のビデオ品質を提供し、録画されたビデオ用の無料のクラウドストレージを提供しますが、バッテリーの寿命は長くなる可能性があり、 IFTTT。 手頃な価格の屋外カメラのためのエディターズチョイス、 Wyze Cam V3はワイヤレスではなく、1080pしか記録しませんが、わずか20ドルでより優れたサードパーティサポートを提供します。

耐候性とワイヤレス

白黒のArgus3 Proは、 Arlo Pro 3 カメラですが、3.5 x 2.2 x 2.4インチ(HWD)では、それほど深くはありません(Arlo Pro3のサイズは3.5x 2.0 x 3.0インチです)。 屋外での使用向けに設計されており、 IP65耐候性評価 充電式6,500mAhバッテリーで駆動します(これについては次のセクションで詳しく説明します)。

エンクロージャーの前面には、15fpsで2,560x 1,440ピクセルのビデオをキャプチャし、122度の視野と16倍のデジタルズームを備えた2Kカメラがあります。 230ルーメンのLEDスポットライト、カメラがオンラインのときは青、オフラインのときは赤のステータスLED、昼光センサー、PIRモーションセンサー、マイクもあります。 6つの小さな赤外線LEDは、最大33フィートの白黒暗視を提供します。または、カメラにスポットライトを使用してカラー暗視を提供させることもできます。

カメラ下部のゴム製ガスケットの後ろには、オン/オフスイッチと録画したビデオをローカルに保存するためのマイクロSDカードスロットがあります。 スロットは最大128GBのカードを収容できますが、独自のメディアを用意する必要があります。 カメラの背面には、スピーカー、マイクロUSB充電ポート、バッテリーステータスLEDがあり、バッテリーが充電中はオレンジ色、完全に充電されると緑色になります。 内部には、ホームネットワークに接続するためのサイレンとデュアルバンドWi-Fiラジオがあります。

Argus 3 Proは、人や車からの動きを区別できるインテリジェントな動き検出機能を備えています。 プッシュアラートと電子メールアラートをサポートし、ビデオを高速で表示できるタイムラプス機能を提供しますが、これにはmicroSDカードをインストールする必要があります。

このカメラには無料のベーシッククラウドプランが付属しており、1台のカメラで7日間の履歴を持つ1GBの録画ビデオストレージを提供します。 月額4.99ドルで、標準プランでは最大5台のカメラで30日間の履歴を持つ30 GBのストレージが提供され、月額9.99ドルのプレミアプランでは最大10台のカメラで30日間の履歴を持つ80GBのストレージが提供されます。 ビジネスプランの料金は月額$ 14.99で、最大20台のカメラに対応する60日間の履歴を持つ150GBのストレージが付属しています。

Argus 3 Proは、Android、iOS、およびWindowsデバイス用のReolinkアプリで制御でき、Webブラウザーからもアクセスできます。 アプリが開き、インストールされている各Reolinkカメラのパネルが表示された[デバイス]画面が表示されます。 各パネルには、カメラで最後にキャプチャされたアクティビティの静止画像が表示されます。 カメラパネルをタップすると、ライブストリームの画面が開き、スマートフォンを横向きにすることで全画面モードで表示できます。 ライブビデオパネルのすぐ下には、[開始/一時停止]、[ミュート/ミュート解除]、[スナップショット]、[手動録画]、および[ビデオ品質]ボタンがあります。 画面の一番下には、[トーク]、[クリップ]、および[再生]ボタンがあります。 トークボタンをタップして双方向オーディオを開始し、クリップボタンを使用してビデオ画像の特定の領域を拡大します。[再生]ボタンは、キャプチャされたビデオのタイムラインを起動します。このタイムラインをすばやくスクロールして、特定のイベントを見つけることができます。

スケジュール設定、デバイス設定、ライブフィードを表示するReolinkアプリの画面

画面の右上隅には、スポットライトをアクティブにしてサイレンを鳴らすためのボタンがあります。 バッテリーの寿命を確認したり、Wi-Fiと表示設定を構成したり、動きが検出されたときに鳴るカスタムアラームを作成したり、タイムラプスビデオを表示したり、アラートスケジュールを作成したりできる設定画面に移動する歯車アイコンもあります。 。 ここでは、動きの感度レベルを調整したり、カメラの録画スケジュールを作成したり、カメラへのアクセスを友人や家族と共有したりすることもできます。

簡単なインストール、短いバッテリー寿命

Argus 3 Proをネットワークに追加するのは、テストが簡単でした。 まず、モバイルアプリをダウンロードし、ログイン画面の右上隅にあるプラスアイコンをタップして、新しいデバイスを追加しました。 携帯電話を使用して、カメラの背面にあるQRコードをスキャンし、指示に従ってWi-Fiを構成しました。 電源スイッチを入れ、カメラの電源が入っていることを確認し、Wi-Fi SSIDを選択して、パスワードを入力しました。 携帯電話にQRコードが表示されたら、カメラの前にかざすと、すぐにカメラが接続されたことを知らせる音声プロンプトが聞こえました。[次へ]をタップし、ログインパスワードを作成し、カメラ名を指定すると、ペアリングが完了しました。

配線や電源コードがないため、物理的な設置も迅速かつ簡単でした。 ねじ込み式のセキュリティブラケットを裏庭のデッキの支柱に取り付けてから、カメラをブラケットにねじ込みました。 カメラアングルを調整して締め、取り付けは終了です。

懐中電灯がオンになっているReolinkArgus 3 Proカメラ

Argus 3 Proは、テストで良好に機能しました。 昼間のビデオは、バレルやピンクッションの歪みが見られず、優れた画像の詳細と豊かな色品質を示しました。 白黒のナイトビデオはシャープで均一に照らされ、カラーナイトビデオもシャープに見えましたが、カラーナイトビジョンを実行するほとんどのカメラで見たように、色は自然な昼間の照明で得られるものほど鮮やかではありませんでした。

動き検出はうまく機能しました。 誤った警告はほとんどなく、カメラは人や車の通過によって引き起こされた動きをうまく識別しました。 電子メールとプッシュアラートがすぐに届き、Alexaの音声コマンドでビデオを表示します アマゾンエコーショー 意図したとおりに機能しました。

カメラのバッテリーは、再充電が必要になるまで1〜4週間持続すると評価されています。 それはあなたがで得るものよりも大幅に短いです Eufy Cam E (最長1年)または Arloエッセンシャルスポットライト (最大6か月)。 ただし、カメラをReolinkソーラーパネル($ 24.99)に接続して、バッテリーを常に充電することができます。

堅実な屋外セキュリティ

Reolink Argus 3 Proは110ドル弱で、バッテリー駆動の屋外防犯カメラとしては確固たる取引です。 テストでシャープな2Kビデオを配信し、カラーナイトビジョン、スポットライトとサイレン、インテリジェントモーションアラート、ローカルおよび無料のクラウドストレージ、タイムラプスビデオなどの他の便利な機能を提供します。 AlexaとGoogleの音声コマンドをサポートしていますが、多くのサードパーティのスマートデバイスとは相互作用せず、充電式バッテリーは充電間でそれほど長くは続きません。 スマートドアロックやスマート電球など、より多くのサードパーティ製デバイスで動作するカメラが必要な場合は、エディターズチョイスの受賞者であるWyze CamV3を検討してください。 そして、あなたがワイヤレスルートに行きたいのなら、 Wyze Cam Outdoor わずか50ドルで同様の機能を提供します。



Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment