新しいタスクフォースであるサゴは、コロナウイルスの起源を発見する最後のチャンスかもしれないとWHOは言います

by REVOLUSYNAPSE
0 comment



新たに結成されたタスクフォースは、小説の起源を調査するための「最後のチャンス」である可能性があります コロナウイルス、 による 世界保健機関 (()。

国連の保健機関は、水曜日に26人の専門家からなる新しいパネルを指名して、新規病原体の起源に関する科学諮問グループ(Sago)を結成し、Sars-Cov-2ウイルスがどのように原因となるかについて広く議論されている著名な理論を評価しました。 COVID-19 病気、発生。

タスクフォースは、ウイルスが動物から人間にジャンプしたかどうか、または実験室の事故で漏洩したかどうかなど、ウイルスの起源に関する2つの一般的な理論を調査します。

「これは私たちの最高のチャンスであり、このウイルスの起源を理解する最後のチャンスかもしれません」と、WHOの最高の緊急専門家であるマイクライアンは言いました。

WHOは「一歩下がって、科学的問題を再び見ることができる環境を作る」ことを目指していた、と彼はロイターによって言ったと伝えられた。

サゴに指名された専門家のうち少なくとも6人が訪問した 中国 コロナウイルスの起源を見つけることを目的とした初期の調査で。

ウイルスがどこでどのように発生したかを知るという圧力が高まっている中、WHOは昨年中国との交渉を開始して調査を開始しました。

WHOによって設立された10人の研究者のチームが、最初のCovid症例が中国で確認されてから1年以上後、今年1月に中国の武漢を訪れました。

このグループは、コロナウイルスはコウモリに由来する可能性が高いと結論付けましたが、それを理解するにはさらに作業が必要であると述べました。 チームによると、武漢の研究所でウイルスが漏洩したことを示唆する研究所の漏洩理論は「非常にありそうもない」とのことです。

しかし、WHOのチーフTedros Adhanom Ghebreyesusは、 除外するには時期尚早 コロナウイルスとラボリーク理論の間の潜在的なリンク。

Ghebreyesus氏は、中国で生データにアクセスすることは国際チームにとって課題であったと述べ、アジアの国に調査の透明性を高めるよう求めた。

中国は8月、Covid-19の起源に関する新たな調査の要請に反対し、ウイルスの起源を追跡するための「政治的」と呼ばれるものに対する「科学的」努力を支持すると述べた。

ジュネーブにある中国の国連大使、チェン・シュー氏は、サゴの結成に応えて、タスクフォースの活動は政治化されるべきではないと述べ、調査が「他の場所」で行われることを求めたと付け加えた。

「私たちが科学研究を続けるつもりなら、それは諜報機関によるのではなく、科学に基づく共同の努力であるべきだと私は信じています」とチェン氏は言いました。 「それで、私たちが何かについて話すつもりなら、私たちはサゴの枠組みの中でビジネス全体をやっています」と彼は付け加えました。

サゴタスクフォースは、他の高リスク病原体の起源を調査することも義務付けられています。 Ghebreyesus氏は、新しい病原体がどこから来るのかを理解することは、将来の病気の発生を防ぐために不可欠であると述べました。



Source link

Leave a Comment