レポート:モバイルウォレットは2019年に最も広く使用される支払い方法になり、2020年末までに28億ウォレットが使用されました。 SEアジアは最も急速に成長している地域です(Yoolim Lee / Bloomberg)

by PCJISAKUTECH
0 comment


東南アジアはモバイルウォレットの世界で最も急成長している地域であり、ロンドンを拠点とするフィンテック企業の調査によると、ラテンアメリカ、アフリカ、中東がそれに続きます。 Boku Inc. ショー。

使用中のモバイルウォレットの数は、eコマースブームを反映して、2020年から2025年までにインドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナムで311%増加して約4億4000万になります。 グローバルスタディ とのパートナーシップで木曜日に公開された業界で ジュニパーリサーチ株式会社 ラテンアメリカでの使用量は同期間に166%拡大する予定ですが、アフリカと中東での使用量は147%増加します。

レポートによると、モバイルウォレットはクレジットカードを抜いて2019年に世界で最も広く使用されている支払いタイプになり、パンデミックの間に採用が加速しました。 2020年末には28億を超えるモバイルウォレットが使用されており、2025年末までに74%増加して48億になると予測されています。

この調査では、世界には2つの異なるタイプのモバイルウォレットがあることがわかりました。 1つは、ApplePayやGooglePayなどのカードベースのモバイルウォレットで、先進国市場でより人気があります。 もう1つは、中国のAliPayや グラブホールディング株式会社のGrabPayは、クレジットカードの使用量が少ない新興市場で人気があります。

2020年には、年間トランザクションで10億ドル以上を処理した55のプリペイドモバイルウォレットがありました。 パキスタンの SadaPay 2025年までの5年間で世界で最も急成長しているモバイルウォレットであると予測されており、ブラジルではMercadoPagoとPicPayがそれに続きます。

調査によると、中国の財布は国内市場以外では限定的な影響しか及ぼさない可能性が高い。 それにもかかわらず アントグループ株式会社のAlipayがモバイルマネープラットフォームを含む国際企業に出資 bKashLtd。、および テンセントホールディングス株式会社のWeChatPayは、2020年にインドネシアでの使用が承認されました。

「多くの人がかつて考えていたように、アジアの新興市場を征服する可能性は低いと思われる」と報告書は述べ、海外での使用は主に中国人観光客に限定されていたと付け加えた。

    アドブロックテスト (なぜ?)



    Source link

    You may also like

    Leave a Comment