ベッキーチェンバーズによって建てられた野生の詩篇は楽しいSF読書です

by REVOLUSYNAPSE
0 comment


沿って

ロボットと僧侶の関係は新しい本の中心です

Zoonar GmbH / Alamy

野生のための詩篇-造られた

ベッキーチェンバーズ

Tor.com

私はたくさんのSFを読みます、そして、私の、未来は時々厳しいかもしれません。 エイリアンの侵略、テクノロジーの失敗、気候変動の被害を扱っているキャラクターであるかどうかにかかわらず、このジャンルのほとんどの現代の本は、非現実的なテクノであった1940年代と50年代の「黄金時代」のSFとはまったく対照的に、不幸です。 -ユートピア主義が支配した。

しかし、それはすべて悪いわけではありません。 ますます、著者は「ホープパンク」ストーリー(サイバーパンクに触発されたやや気難しい用語)を書いています。 武器の楽観主義、ある人によると Vox ジャーナリスト。

このサブジャンルの最前線にいるのは、Wayfarersシリーズの受賞歴のある著者であるBeckyChambersです。 しかし、黄金時代の物語とは異なり、チェンバースのキャラクターは複雑な生活を送っており、プロットを解決するギズモの波ですべての問題に取り組むことができるわけではないことを知っています。 代わりに、彼らは成功するために人間関係に依存し、逆境に直面してお互いを拾い上げ、自分自身を粉々にします。

小さな怒っている惑星への長い道のりシリーズの最初の本である、Wayfarer船の乗組員の冒険について詳しく説明しています。 タイトルが示すように、それは目的地よりも旅についてです。 ある意味、多くは起こりませんが、すべてのキャラクターはお互いの相互作用によって変化します。

この本で私のお気に入りのキャラクターは、魅力的で悲劇的なDr Chef(はい、彼は船の医者でありシェフです)です。これは、Grumと呼ばれる最後の外来種の1つで、一種の6本足のカワウソに似ており、生物学的性別が徐々に変化します。彼らの生涯にわたって。

これは、宇宙を共有しているがほとんどが独立しているウェイファーラーの本に住む、信じられないほど多様なエイリアンのキャストの一例にすぎません。 顔の色を点滅させることでコミュニケーションをとるAeluonsと、卵を産むという事実に影響されて社会に影響を与える爬虫類のAandriskがいます。子供は通常、カジュアルセックスの結果であり、実の両親によって育てられていません。

船やその他のハードウェアを実行する人工知能もありますが、AIをヒューマノイドロボットにアップロードすることは違法です。 これは2冊目の本の鍵です。 閉じた共通の軌道、これはアイデンティティと自律性の素晴らしい調査です。

チェンバースの最新の中編小説 野生のための詩篇-造られた、の外側の新しい連続性で行われます 旅人 宇宙ですが、そのDNAの多くを共有しています。 それはパンガと呼ばれる月に設定されており、人間は彼らの広大な石油燃焼工場が持続不可能であることに気づき、広大な場所を設立しました 再野生化 事業。 「考えてみれば、それはクレイジーな分割でした。単一の種の土地の半分、他の数十万の土地の半分です」とチェンバーズは書いています。 「彼らが固執する限界を見つけることは十分な勝利でした。」 同じ頃、ロボットは知覚力を持ち、新しい荒野に撤退し、人間はロボットを放っておくことを約束しました。

この本は、この移行のしばらく後に設定され、巡回セールスマンスラッシュローミングセラピストとして定住から定住へと移動するお茶の僧侶、兄弟デックスに続きます。 訪れた人々に喜びと快適さをもたらしたにもかかわらず、デックスは満足せず、新しい目的を探して荒野に向かいます。最終的には、人間とロボットが何世紀にもわたって初めて出会ったロボット、モスキャップと接触します。

この本の核心は、2人の関係と彼らがお互いをサポートする方法です。 それは楽しい経験であり、Chambersのすべての本と同様に、私は中に暖かく、ぼんやりとした感じを残されました。

ジェイコブもお勧めします…

テレビ

レジェンドオブトゥモロー

タイムトラベルのスーパーヒーローについてのこのショーは、愚かであることの喜びを受け入れており、今では私のお気に入りの1つです。 最近のエピソードでは、1970年代のロンドンでデヴィッドボウイに会い、宇宙船でスパルタカスを見つけました。

リベンジャー

アリステア・レイノルズ

三部作の最初の小説では、姉妹のアドラナとフラネスが、宇宙海賊キャプテンラッカモアが率いるリベンジャーの乗組員に冒険活劇のSFのために参加します。

これらのトピックの詳細:



Source link

Leave a Comment