ただし、従来の教室と比較して、オープンラーニングスペースでは座りがちな時間からの休憩が多く観察されました-ScienceDaily

by REVOLUSYNAPSE
0 comment


最近の研究によると、オープンラーニングスペースは、従来の教室と比較して、座りがちな時間からの休憩が多く観察されたにもかかわらず、3年生と5年生の生徒の身体活動に直接関連していません。

調査結果は、ユヴァスキュラ大学のスポーツ健康科学部で実施されたCHIPASE研究に基づいています。 結果はで公開されました スポーツとアクティブライフのフロンティア

2016年に発行されたフィンランドの基礎教育の国家コアカリキュラムの改革後、フィンランドの新しいまたは改装された総合学校のほとんどは、オープンで柔軟な教室の設計と原則を取り入れ始めました。 学生中心の教授法と組み合わせると、これらのオープンな学習スペースは、授業中の子供の身体活動を増やす可能性があります。 教室ベースの身体活動も、学業関連の結果にプラスの影響を与える可能性があります。

「驚くべきことに、学生は従来の教室よりもオープンな学習スペースで身体的に活動的ではありませんでした」と、ユヴァスキュラ大学のスポーツ健康科学部の博士研究員JaniHartikainenは言います。 「次に、オープンな学習スペースは座りがちな時間からのより多くの休憩を可能にするようであり、それは子供の健康に長時間座っていることの潜在的な悪影響を減らすかもしれません。」

研究の主な結果は、それ自体で、オープンな学習スペースは授業中の子供の身体活動を増加させないということでした。 将来の研究では、教室ベースの身体活動を促進するためのオープンな学習スペースの可能性を活用するために、教師の実践を調査および開発するよう努める必要があります。

「この研究では、生徒の動きに関する教師の指示を観察しませんでしたが、以前の研究では、教師がオープンな学習スペースに適応する方法が難しいことが報告されています」とHartikainen氏は言います。 「特に大規模な学生グループでは、教師が授業中の学生の動きを制限する必要がある場合があります。」

ストーリーソース:

材料 によって提供された ユヴァスキュラ大学-ユヴァスキュラニリオピスト注:コンテンツは、スタイルと長さを編集できます。



Source link

Leave a Comment