これらの家族は彼らの経験を共有しました–マインドギャップブログ

by REVOLUSYNAPSE
0 comment


新しい研究は、ADHDの治療としてのマインドフルネスが洞察、受容、そして人間関係の改善ももたらすことを示しています。

この投稿は、 オランダの

マインドフルネスは、ADHDの子供のための新しい治療法として調査されています。 よくある質問は、注意力欠如および/または多動性/衝動性の行動がトレーニング後に減少するかどうかです。 ただし、トレーニングは子供とその親に他の影響を与える可能性もあり、これらは大きく異なる可能性があります。

注意を訓練することができます

ADHDは、注意欠陥および/または多動性/衝動性の症状を特徴とする診断であり、日常の機能に深刻な障害をもたらす可能性があります。 マインドフルネス瞑想を使用すると、「注意力-筋肉」をトレーニングできます。何度も何度も、現在経験していることに注意を集中する必要があります。 これは、友好的で好奇心旺盛な態度で起こり、経験に良いか悪いかをラベル付けしたり、すぐに反応したりすることはありません。 から 以前の研究、 ADHDの症状、特に注意力欠如は、マインドフルネス瞑想によって減少する可能性があることはわかっていますが、これらの研究では少量のサンプルを使用し、比較グループを使用していませんでした。

マインドチャンプ研究

ADHDの子供とその親のための8週間のマインドフルネストレーニングは、いつものようにケアに追加するのに良いですか? これを調査しました MindChampプロジェクト 100を超える参加家族がこの分野で最初の大規模で厳密な研究を行いました。 これらの家族の一部では、マインドフルネストレーニングの阻害要因/支援要因の概要とさまざまな治療効果の範囲を明らかにするために、さらに広範なインタビューを行いました。 20人の親、17人の子供(9〜16歳)、および3人のマインドフルネストレーナーへのこれらのインタビューの結果は、最近、 科学論文

マインドフルネストレーニングで何が役に立ち、何が役に立たなかったのですか?

参加はポジティブと評価されました。 親子で充実した時間を過ごし、助け合い、「共通語」を学びました。 親子ともに他のグループメンバーに支えられていると感じました。 経験を共有することは、認識されたと感じることにつながりました。

「「そこに私は違いはありませんでしたが、私自身と他の子供たちだけでした」– 9歳の女の子

グループのメンバーがあまりにも邪魔な存在であったとき、それは困難で有益でした。 多くの人がトレーナーの判断力のない、友好的な態度が安堵したと感じました、他の人は彼らからのより多くの干渉を望んでいたでしょう。 子供たちは、両親から報酬を受け取った家で宿題をすることでポイントを集めることができました。 これは非常に役立つ人もいれば、ストレスの多い人もいます。 さらに、セッションは子供たちによって少し長すぎると経験され、それはかなりの時間とエネルギー投資を要求しました。 それにもかかわらず、ほとんどの親はトレーニングを勧めました。

子供と親はどの治療効果を経験しましたか?

経験は異なっていました。 一部の子供と親は、彼らがあまり強く反応しない、または衝動的ではないことに気づき、それが戦いの減少につながった。 多くの人がもっと落ち着きとリラックスについて話していました。 これらの影響は、トレーニング自体のコンテキストを超えており、たとえば学校で顕著でした。 一部の家族は、ADHDの症状や子供の認知機能への影響にほとんどまたはまったく気づいていませんでしたが、他の領域では影響を経験しました。 多くの人はまた、より良い親子関係、そして他の人とのより良い関係を経験しました。 トレーニングは、(自己および他者の)認識、洞察、および受容をもたらしました。

「彼が物事にどのようにアプローチし、どのような助けが必要かがますますよくわかります」–父親

持ち帰りメッセージ

グループ全体の治療の(平均的な)効果だけを見ると、非常に貴重な情報を見逃す可能性があります。 ADHDの症状への影響だけでなく、他の影響や個人差も調査することが重要です。 たとえば、トレーニングはより多くの洞察、受容、そして改善された関係をもたらしました。 私たちの研究が、ADHDの子供たちにマインドフルネスをどのように使用できるかについてのより多くの洞察につながることを願っています。

写真提供 ジュードベック 経由 スプラッシュを解除する

著者:Nienke Siebelink
バディ: Floortje Bouwkamp
編集者: エレン・ロマース
翻訳: ジル・ナイエン
編集者の翻訳: フェリックス・クラッセン

このブログはもともとに公開されました www.blog.donders.ru.nl。 これは、脳と科学に関するドンダース研究所の公式ブログです。



Source link

Leave a Comment