ジョセフ・M・サスマン2020受賞者発表–科学と研究のニュース

by REVOLUSYNAPSE
0 comment


構築環境のフロンティア に掲載された最高の記事を祝う第3回ジョセフM.サスマン賞の受賞者を発表できることを嬉しく思います。 輸送および輸送システム ジャーナルのセクション:

Sania E. Seilabi、Mahmood T. Tabesh、Amir Davatgari、Mohammad Miralinaghi、SamuelLabiforの記事:「旅行需要と車線管理戦略を使用した自動運転車の促進

今年選ばれた受賞歴のある研究は、革新的な旅行需要管理と車線管理スキームを通じて、交通効率と交通利用者間の公平性を高めるための貴重な洞察を提供します。

「今日の交通システムが直面している主な課題には、旅行需要の増加、旅行効率の向上の必要性、交通利用者間の交通不公平の解決などがあります。 自動運転車(AV)の移行時代では、AVは人間が運転する車両(HDV)に比べて比較的小さい車間距離を必要とするため、道路網の特定のリンクで車線を専用にすることで交通渋滞を減らすことができます。 ただし、既存の車線をAVで使用するためにこのように割り当てると、HDVユーザーが利用できる道路容量が減少し、移動時間が長くなるため、2つのモード間の移動の不公平が生じます。 この論文は、公平性を十分に考慮して旅行需要を管理するための車線管理スキームを設計することによって、この問題に対処することが可能であることを示した。 これにより、移動時間と総移動時間が短縮され、人間が運転する車両(HDV)の移動者のコストが削減される可能性があります。「「

サニアE.セイラビ、パデュー大学

ジョセフ・M・サスマン賞は、このセクションの故専門編集長であるマサチューセッツ工科大学JR東日本からのジョセフ・M・サスマン教授の遺産を記念して作成されました。 この賞は、現代の輸送システムの持続可能性を大幅に改善する可能性が高い貢献を表彰するものです。 今年の受賞者は、現在のセクションの専門編集長と共同で選ばれました。 Sakdirat Kaewunruen バーミンガム大学から Akira Matsumoto 日本大学から。



Source link

Leave a Comment