News

外相経験豊富な『岸田総理』に主導権アリ⇒『韓国』尹新大統領が切望の【日韓首脳会談】は、当分お預け!


2022年06月20日更新

韓国政府の切望する『日韓首脳会談』について岸田総理が慎重な姿勢を崩さない。就任早々の演説でも日韓関係の改善を重要と語った尹大統領だが、外交を熟知した岸田総理は簡単に門戸を広げることはせず、大統領就任式を欠席。関係改善の為に、まず韓国側が適切な手順を踏むことを促す岸田総理は交渉の主導権を握った。

12

お気に入りに追加
0

■大統領が変わっただけでは安易に日韓関係の『慎重』な姿勢を崩さない岸田総理

 岸田文雄首相は、今月29、30両日にスペインの首都マドリードで開かれるNATO首脳会議に出席する検討に入った。会議に参加する場合、韓国側から日韓首脳会談開催の打診を受けていることも分かった。 引用元:nordot.app(引用元へはこちらから)

岸田総理は、韓国に対する国民の不満をしっかり認識している。簡単には『韓国』と向き合わない姿勢を見せた▼

 

 

政府は今月下旬にスペインのマドリードで開かれる北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に合わせた岸田文雄首相と韓国の尹錫悦(ユン・ソンニョル)大統領の首脳会談を行わない方向で調整に入った。14日、複数の政府関係者が明らかにした。韓国側はいわゆる徴用工訴訟などで解決策を示していない上、不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)周辺の日本の排他的経済水域(EEZ)内で無許可の海洋調査なども行っており、環境が整っていないと判断した。 引用元:www.sankei.com(引用元へはこちらから)

尹氏は記者団に、日韓首脳会談に向けた準備を認めたうえで、関係改善に必要な戦時中の元徴用工などをめぐる歴史問題の解決にも言及し、「未来に対する協力を進めるなかで、韓日間の問題は円満に解決すると予想している」と語った。 引用元:www.asahi.com(引用元へはこちらから)

 

 

■日韓関係の改善を図りたいアピールの『尹政権』だが…手放しで信用はできない

次期大統領の代表団は5日、ホワイトハウスでサリバン大統領補佐官と会談した。団長を務める次期与党「国民の力」の朴振(パク・ジン)国会議員は会談後、尹氏のバイデン大統領に対する親書を伝達したと韓国記者団に説明。また、「韓米日協力は極めて重要であり、韓日関係改善が重要だ」と伝えたと明らかにした。 引用元:www.sankei.com(引用元へはこちらから)

文政権下で、完全に経済が冷え込んだ韓国にとって日韓関係改善が重要なのは当たり前だ。大統領就任前から、日韓関係の改善を口に出していた尹錫悦大統領。

しかし、問題の本質は、解決済みの事案に対し韓国側が日本にへ不誠実な対応を取り続けたことだ。

今度は対北朝鮮政策と言いながら、近づいて何をするつもりなのか…▼

韓国の尹錫悦ユンソンニョル次期大統領は、日韓関係の改善に向け、代表団を24日から28日まで5日間の日程で日本に派遣する。

団長は韓国国会の鄭鎮碩チョンジンソク副議長、副団長は韓日議員連盟幹事長で元大阪総領事の金碩基議員が務める。尹氏の外交ブレーンの朴喆熙パクチョルヒソウル大教授、尹徳敏ユンドクミン元国立外交院長らも参加する。

 報道官は「対北朝鮮政策での協力、韓日懸案の解決のための土台を築く」と述べた。北朝鮮の核問題に対応する日米韓協力の強化や元徴用工問題などについて協議するとみられる。 引用元:www.tokyo-np.co.jp(引用元へはこちらから)

 

 

日本国内では、韓国の新大統領に対する視線は冷たい。そんな中『大統領の就任式』が行われた▼

(5月)10日、韓国では尹錫悦(ユン・ソクヨル)氏が新たな大統領に就任しました。「過去最悪」ともいわれる日韓関係の改善に前向きな姿勢を示している尹氏。

緊張感を増す北朝鮮問題や、待ったなしの日韓関係に、どのような辣腕(らつわん)を振るうのでしょうか…。

引用元:headtopics.com(引用元へはこちらから)



Source link

-News
-, ,