燃やされたバンクシーのNFTセールが40万ドル近くを獲得、批評家はバイヤーが「モロン」であると主張–注目のビットコインニュース

by tobiniumu
0 comment


3月3日、匿名の芸術愛好家のグループが、約70,000ポンドまたは約95,000米ドル相当のオリジナルのバンクシースクリーンプリントを焼き、それを代替不可能なトークン(NFT)資産に変えることを決定しました。 アートは現在NFTとして存在し、今日のイーサリアムの為替レートを使用して228.69イーサリアムまたは$ 394kでオークションにかけられました。 ただし、myartbroker.comの共同創設者は、NFTの売却により、「この取引の唯一のモロンはバイヤーとスタントアーティスト自身である」という考えを提起しているため、誰もがNFTの変革に感銘を受けたわけではありません。

NFTに変身した燃やされたバンクシーはEtherで40万ドル近くで売られています

つい最近、未知の芸術愛好家と代替不可能なトークン(NFT)資産ファンの集団が、物理的なバンクシーのスクリーンプリントをNFTに変換することを決定しました。 News.Bitcoin.com 報告 「Morons」と呼ばれるオリジナルのバンクシーの作品を燃やしたグループについて、そしてなぜ集団が @burntbanksy このルートを選びました。

「この背後にある理由は、NFTと物理的なピースがあれば、価値は主に物理的なピースにあるからです」とメンバーの1人は言います。 前記 バンクシーのアートワークを焼く前に。 「物理的なピースを存在から削除し、NFTのみを使用することで、ブロックチェーンのスマートコントラクトによるNFTにより、誰もピースを変更できないようになります。これは、世界に存在する真のピースです。」

燃焼後、NFTは市場Openseaに上場され、販売されている製品の説明が含まれていました。 「この1of 1 NFTは、元の害虫駆除認定のバンクシーの「モロン」プリント#325 of 500の燃焼時に作成されました」と、外洋のリストの詳細。 「これは、NFTに変えられた初めての本物のバンクシー作品です。」 NFTリストを表示している外洋の訪問者は、惑星間ファイルシステム(IPFS)で元のCOAを表示することもできます。

リストに続いて、@ burntbanksyチームによってOpenseaに追加されたBanksy“ Morons” NFTは 個人に販売 「ギャラクシー」と呼ばれる。 NFTは、2021年3月8日月曜日に、エーテル為替レートを使用して228.69イーサリアムまたは$ 394,000でオークションにかけられました。害虫駆除認定のBanksy「Morons」プリントにつながれた非ファンジブルトークンの契約は、こちらでご覧いただけます。 etherscan.io

バンクシーの物理的な印刷物の価値よりもはるかに大きい販売にもかかわらず、多くの批評家はこの新しい概念に懐疑的です。

NFT懐疑論者が急増

まず、多くの人が、新しいNFTは、オープンウェブから無料で剥ぎ取られた有名な「Morons」アートの単なるスクリーンショットにすぎないと信じています。 @burntbanksyチームがライブストリームを介して書き込みを実行したため、実際の書き込みの証拠もあります。 これは、チームが実際に合法的な印刷物を燃やしたことを人々が合法的に検証する方法について、懐疑論者に疑問を投げかけます。 別の考えられるシナリオは、悪名高いイギリスを拠点とするストリートアーティストであるバンクシーが火傷とそれに続くNFTの売却を許可しなかったという事実です。 さらに、悪名高いいたずらストリートアーティストのバンクシーが500の#325のスクリーンプリントを再現した場合はどうなりますか?

それでも、代替不可能なトークン(NFT)の支持者は、@ burntbanksyチームが行ったことは、デジタルアートの歴史における分水嶺の瞬間であったと信じています。 一部のNFT支持者は、最近のバンクシーの「モロン」燃焼変換をバンクシーの最近の「風船を持っている女の子」彼がスタントするとき プリントの半分を細かく刻んだ ライブオークションで。 バンクシーがライブオークションでこのスタントを行った後、細断された「風船を持った少女」のアートは、オリジナルよりもさらに価値のあるものになりました。

「最初はショックを受けましたが、自分の美術史になってしまうことに気づきました」と、名前のない「風船を持ったシュレッドガール」のバイヤーは、バンクシーの有名なスタントの後で言いました。

燃やされたバンクシーのNFTセールは40万ドル近くを獲得し、批評家はバイヤーが「モロン」であると主張している

ただし、の共同創設者 myartbroker.com、Joey Syerは、2つのイベントを比較する人々に同意しません。

「先週、私たちは本物のUnsigned Banksyのプリントを、勇敢でありながら危険であるとしか言いようのないスタントで失いました」とSyerはnews.Bitcoin.comへの電子メールで説明しました。 「NFTが記録的な価格に達し、印刷物の物理的評価よりも300%高い価格で販売されているにもかかわらず、アートが物理的な形で存在しなくなったときにアートであり続けることができるかどうかという疑問が生じます」とSyer氏は付け加えました。 myartbroker.comの幹部はまた、NFTを、インターネット上の既存の画像を無料で保存することと比較しました。

「スタントの背後にある皮肉は、元のバンクシーが燃やされ、デジタル化され、元の価値よりも206,292ポンド(285,000ドル)高く売られたということではありません」とSyerは主張しました。 「しかし、インターネットにあふれている同じ画像を右クリックして、独自のバージョンを無料で入手することはできます。 私たちにとって、バンクシーのモロンプリントの使用は、Etsyの10ポンドのバンクシープリントと同じ標準のアートに対して275,102ポンド(380,000ドル)を支払う意思のある人を表しています。」

「焼けたバンクシーNFTは、インターネット上で公開されている他の画像と何ら変わりはありません」

燃やされたバンクシーNFTイベントを「風船を持った少女」のシュレッダーと比較する限り、Syerは2つのイベントが同じではないと信じています。 「NFTモロンのスタントとバンクシーの「風船を持った少女」の細断との関係は存在せず、2つのイベントを比較するべきではありません」と彼は言いました。

Syerの痛烈な批評はさらに追加されました:

破壊されたように見えましたが、バンクシーの風船を持った少女は、それ自体が物理的な形のままの作品になりました。 焼けたモロンのプリントに関しては、インターネット上で公開されている他の画像とNFTバージョンを区別するものはなく、おそらくこの取引の唯一のモロンはバイヤーとスタントアーティスト自身であるという考えを提起しています。

NFTエコシステムは、スペースを批判する多くの暗号支持者から攻撃を受けています。 最近では、ジャックドーシー NFTバージョンの販売 彼の最初のつぶやきのは論争を引き起こした。 痛烈な批判とNFTの非信者にもかかわらず、代替不可能なトークン資産環境は絶え間なく成長し続けています。 最近のバンクシーの燃えるスタントが今後のアート業界にどのように影響するかを見るのは興味深いでしょう。

Banksyの「Morons」スクリーンプリントを作成したチームについてどう思いますか? 以下のコメントセクションでご意見をお聞かせください。

この物語のタグ

「モロン」「モロン」プリントバンクシーバンクシーアートバンクシーNFTバンクシーNFTアートバンクシーの代替不可能なトークン焦げたバンクシー批評家風船を持っている女の子ジョーイ・サイアーmyartbroker.comNFTアートNFT評論家代替不可能なトークン公海懐疑論者

画像クレジット:Shutterstock、Pixabay、ウィキコモンズ

免責事項:この記事は情報提供のみを目的としています。 これは、購入または販売の直接の申し出または申し出の勧誘、あるいは製品、サービス、または会社の推奨または承認ではありません。 Bitcoin.com 投資、税務、法律、または会計に関するアドバイスは提供しません。 会社も著者も、この記事に記載されているコンテンツ、商品、またはサービスの使用または依存によって引き起こされた、または引き起こされたと主張されるいかなる損害または損失についても、直接的または間接的に責任を負いません。





Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment