「巨大な衝撃」:ギリシャ人は大地震後の破壊を調査します| 地震ニュース

by tobiniumu
0 comment


ダマシ、ギリシャ- 机の下でしゃがみ込んでいる若い女子高生は、周りのすべてが震えているにもかかわらず、まだいました。 怖がって、彼女にできることは悲鳴を上げて泣くことだけでした。

ギリシャ中部の眠そうな村、ダマシ小学校の校長であるグリゴリオス・レティオスは、水曜日の正午過ぎに大地震に襲われ、「彼女に近づいたとき、恐れないように言って安心させようとした」と語った。

マグニチュード6.3の地震が発生するとすぐに、32年の教育経験を持つずんぐりした58歳のレティオスは、本能的に彼の地上のオフィスから廊下を下り、階段を上って飛び出しました。

2階建ての建物の仮天井が崩壊したばかりで、がれきやほこりの雲が跳ね上がっていました。

「すべてが暗闇に覆われていた」とレティオスは木曜日に言った。 「建物はひどいガタガタと上下左右に踊っていました」と彼は思い出しました。 私の唯一の考えは、子供たちの生活と、どうすれば子供たちを守ることができるかということでした。」

揺れが止まるとすぐに、レティオスは教室ごとに行き、避難を命じました。 彼のよく訓練された教育スタッフと学生はそれを完璧に実行しましたが、彼は子供が閉じ込められていないことを確認するために後ろに留まりました。 彼が凍った12歳の少女を見つけたのは最後の教室でした。

「私は彼女を持ち上げて、 『私はあなたを連れ出すつもりです、心配しないでください』と彼女に言いました」とレティオスは言いました。 「庭に着くとすぐに、私は彼女を先生に手渡して、中に誰もいないことを確認するために再び学校に入学しました。」

ありませんでした。 パステルカラーの学校はひどく損傷し、壁にひびが入り、家具が倒れましたが、63人の生徒と10人の教師全員が無傷で生き残りました。

それは、100を超える家屋が倒壊したか、ひどく損傷したダマシの他の地域でもほとんど同じでした。 しかし、奇跡的に、この農村の住民は、木曜日の夕方にマグニチュード5.9ほどの強い余震が次の24時間続いたとしても、ひどい怪我をした人は誰もいないと言います。

「私たちは怖くて、次に何が起こるかわかりませんが、ありがたいことに誰も深刻な怪我をしませんでした」と、学校から歩いてすぐの地元のサッカー場の中央近くにあるプラスチックの椅子に座っているヴァキスは言いました。

「すべてが破壊された」

疲れているが落ち着いているように見えた彼は、氷点下の気温に勇敢に立ち向かい、芝生に設置されたテントの1つで夜を過ごしたダマシの住民の1人でした。 多くの人が畑を囲むほこりっぽい道のそばに配置された車で寝ることを選びましたが、他の人は震源地から遠く離れた親戚や友人と一緒に避難所を探すことにしました。

「昨夜は他に類を見ないほど最悪でした」とエレニは、家族の避難所としても機能するピックアップトラックに寄りかかって涙を抑えようと言いました。 彼女の家では、すべてが破壊されたと彼女は言った。 「ガラス、家具–ラジエーターでさえ壁から外れました。」

ギリシャは非常に地震活動が活発な地域にありますが、特に国のこの地域では、地震が重大な被害や多くの死者を引き起こすことはめったにありません。

80年前のほぼその日、1941年3月1日、この地域で同様の強さの地震がラリッサを破壊し、第二次世界大戦中にイタリアの戦闘機によって激しく砲撃されていた都市に大打撃を与えました。

しかし今回は、ダマシの南約30 km(19マイル)にあるラリッサが地震の衝撃に耐え、一部の建物だけが小さな被害を受けました。

マグニチュード6.3の地震がギリシャの中央部を襲った後、ティルナボスの町の近くにあるダマシ村の損傷した家から男性が持ち物を運びました。 [Sakis Mitrolidis/AFP]

しかし、ダマシの北西15 km(10マイル)に住む約300人の小さな村メソコリにとっては別の写真でした。 当局はまだ被害の程度を評価しているが、数十の家がすでに住むことができないことが判明しており、居住者は避難所を必要としている。

破壊された建物の中には、村の印象的な聖デメトリオス教会があり、鐘楼と石積みの壁の一部が崩壊しました。

「目の前で教会がくしゃくしゃになっているのを見て、この恐怖をすべて経験しました」と、地震が発生したときに約50メートル離れたメソコリの社長であるGiannisZarladanisは言いました。 「私が生きている限り、私はそれを決して忘れません。」

木曜日に村の広場の端で訪問した当局者との即席の会合で、ザルラダニスは中央当局に適切な避難所とポータブルトイレを提供することによって立ち往生している住民を助けるように促した。

「状況は非常に難しい」と彼は、住民に昼食を配る準備をしている赤十字の労働者から数メートル離れたところに立って言った。 「人々はとても怖くて、余震が絶えずあります。」

ダマシに戻ると、レティオスと2人の消防士が、大きな被害を受けた学校に危険なほど急いで出入りし、そのたびにさまざまなアイテムを持ち出しました。

「私たちはできる限りのことを救った」と彼は言った、ほこりに覆われて疲れ果てた。 彼の隣には、ハードウェアギア、アンプ、ジムマットなどの小さな山がありました。 彼はまた、彼らの両親にそれらを与えるために残された子供たちのランドセルを持ってきました。

「両親は皆、怪我をすることなく子供たちを救ってくれたことに感謝しました」とレティオスは目に見えて感動しました。

「昨日は一晩中眠れませんでしたが、まだそれを乗り越えていません。 衝撃は大きかった。」

この写真は、大地震でメソホリ村の教会が被害を受けた様子です。 [Sakis Mitrolidis/AFP]





Source link

All copyrights belong to the link source.
If you need to remove a link, please comment in the comments section (approval required).

仮想通貨おすすめ/穴場取引所BEST2

仮想通貨のおすすめ・穴場取引所をご紹介。当方のリンクを用いれば、ライフタイム割引が適用されます。
また、マイニングの裏技についても紹介していますので、ぜひご参考にしてください。

おすすめ:Binance

客観指標ランキングでも、取引量世界最高にして最高の信頼を誇るBinance。その流通量から取引手数料も格安。基本的にスナップショットやオプトイン(通貨が分裂などをする際に、配布すること)が確実に行われる取引所である。1日2BTC以上の出金を行わない限りは本人確認不要であり、ある程度の匿名性も担保されているという点で、仮想通貨の機能として本来的である。

送金も日本の多くの取引所と違い、営業日ベース(日本の取引所が入出金を手動承認する)ではなく、トランザクションベース(実行したらすぐに仮想通貨ネットワークにつながる)ため、迅速な対応が可能。

また、スマホでの操作性が高く、PC取引よりもスマホの方があらゆる取引で楽であり、高度な処理が迅速に行える。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に10%オフになります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Binance

穴場:Bitrue

 

客観指標ランキングでは60位台だが、こちらは次世代の仮想通貨が早期採用・取引されている点などが特徴的。

最近ではネムの系統を継ぐシンボル(XYM)や、次世代リップルと言われているXDCなどが初期から取引されている。

通貨ボリュームは大手と比べると低いが、大手の上場により上記通貨などは化ける可能性があり、次世代を担いうる存在となっている。

スマホの操作性も(Binanceの亜流ながら)抜群であり、こちらも日本ユーザーに親しまれるインターフェースとなっている。

通常紹介だと手数料割引はありませんが、当サイトの下記リンクから入ると永久に25%オフ(1時間以内にキャッシュバック)になります。残高10,000 USDTがあるパートナー様の口座には50%の手数料を払い戻しとなります。(画像は公式HPより)

一軍、Binanceでの飛翔を夢見るファーム勢がひしめくこの取引所には夢があります。ぜひご検討ください。

割引適用リンク:Bitrue

おまけ:マイニングの誤解と今後の可能性

マイニングとは、仮想通貨の取引承認のためにもらう報酬を、探鉱(mining)にたとえたものである。

多くの自作ユーザーは、グラボが多ければマイニング報酬がもらえる、といった誤解をしているが、それはPoW(Proof of Work)方式の仮想通貨にしか当てはまらない。PoWは地球環境問題へと発展しているなか、別の方式を採用している通貨であれば、グラボの力を借りる必要がない。例えばPoS(Proof of Stake)といった方式では、”仮想通貨を持っているだけで報酬が入る”。つまり、グラボなど不要なのだ。

つまり仮想通貨を買った方がまし、ということなのだ。

Binanceで取り扱っている中に、とある通貨がある。BNBである。これはバイナンスが発行した通貨であるが、最近価値が大きく上がり、年初来からは10倍近くとなった。
Binanceは取引量世界一に成り上がったが、BitcoinはPoWという欠点を抱えながら世界一の通貨として存在している理由は、デファクトスタンダードにある。つまり「世界一ゆえ世界一である」ということだ。
この理屈になぞらえれば、BNBはもっと飛躍しても全くおかしくはない。

そして、BNBはPoSを利用している。つまり、BNBを持っていれば、持っているほどその報酬が得られるということだ。
BinanceのアプリからBNBをPoSマイニングさせる(これを単に”Staking”という)ことができ、年利はなんと20%近くにのぼる。

上の画像…90日ロックで19.79%は売り切れているが、30日ロックで年率換算14.79%のプランは現在も用意されている。

例えば、である。10BNBを約30万円で買ったとする。年率換算で15%運用するとしたら、BNBは1年後に11.5BNBとなる。

この時、1BNBの価値がすでに10万円になっていたら、保有BNBの価値は115万円となり、マイニング報酬は15万円にものぼるということになる。

これを聞くと、マイニングは仮想通貨の時価に影響を受けすぎるのではないか、という指摘があるが、そもそもグラフィックボードマイニングであっても、採掘する対象はBTCやETHなどの仮想通貨そのものであることから、変動リスクから脱却することはできない。

そのうえでおすすめ通貨と兼ねて紹介しているのが、BNBステーキングである。
BNBは上述の通り、仮想通貨取引所の覇権を得つつあるBinanceの通貨であり、価格についてもまだ可能性を秘めている。
そしてそんなBNBのステーキングの収穫高は、かなり大きい。したがって、マイニングをするのであれば、電気代0のステーキングをおすすめするところである。

割引適用リンク:Binance

追記:BNB4万円超えに(4/7)

BNBの価格は上昇中です。マイニングはBinanceでのステーキングが一番、ということが証明されつつあります。

このチャンスを逃さないようにしましょう。

Caution about investing
Investing is done at your own risk. This site only presents case studies and frames of thought, and does not constitute a recommendation for specific transactions.

You may also like

Leave a Comment